体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対に美味しい! 一生に一度は食べたいスイスのショコラトリー3選

laderrach

スイス旅行のおみやげで喜ばれるのは、やっぱりチョコレート♪ スイスにはチョコレートブランドがたくさんありますが、なかでも人気のショコラトリーはこの3件です。

・スイスチョコレートの代名詞「Lindt」
スイスのチョコレートブランドとしてあまりにも有名な「リンツ(Lindt)」が生まれたのは、1879年のこと。薬剤師の子どもとしてベルン(Bern)で生まれたロドルフ・リンツは、当時主流だった硬いチョコレートと違う、とろけるようなチョコレートを作ることを幼い頃から夢見たそう。

今ではスイス国外でも愛される「リンツ」ですが、本場スイスでは、パッケージ入りのものから量り売りまで、さまざまなチョコレートに出あえます。チューリヒ(Zurich)からアクセスできるキルヒベルグ(Kilchberg)には大型直売店があり、ディスカウント商品も目白押し。仮に実店舗へ行けなくても、スーパーや空港などで手に入る点もさすがは「リンツ」ですね。

Lindt Chocolate Shop Kilchberg
住所: Pilgerweg 58, Kilchberg 8802, Switzerland
電話: 41 44 716 27 28

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%84 lindt-chocolate-shop-1

・日本人にはあまり知られていない? 老舗ブランド「Sprüngli」
スイスには100年以上の歴史をもつ老舗チョコレートブランドがいくつもありますが、意外と日本人には知られていないのが「シュブリュングリ(Sprüngli)」。上質なカカオやミルクで作るクラシックスタイルのチョコレートは、観光客だけでなく地元の人にも人気です。

素材をまぜ溶かすところからトリュフやプラリネに成形するまで、毎日職人が手作りしているチョコレートは、芳醇なカカオの風味を楽しめる上品な味。シックな色味のパッケージで目上の方に贈っても喜ばれそうです。またチューリッヒにあるオリジナルレストランでは、作りたてのチョコレートデザートをはじめ、ショートケーキやマカロンなどの焼菓子までいただけるため、時間があればぜひ足を運んでみて。

Confiserie Sprungli Restaurant
住所:Bahnhofstrasse 21, Zurich 8001, Switzerland
電話:41 44 224 47 11

%e4%b8%bb%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3 cafespruengri
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会