体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1,000円の手土産を、10倍の価値に感じてもらえる方法

「これ、良かったら食べてください」

クライアントへの挨拶の品や出張先で買う職場へのお土産。はたまたバレンタインやホームパーティの手土産など、公私に渡り、お土産を持参する場面は多々あるものです。

そんな身近なお土産でも、あっさりと「ありがとう」で終わってしまう場合と、「えっ、こんな良い物もらっていいの!」と感謝される場合に分かれることがあります。

さて、この違いはどこにあるのでしょうか?

プレゼントの「評価の分かれ目」について、広告代理店の営業マンとして飛び込み営業成功率72.6%、累計30億円以上の案件を獲得、また3000人以上のVIPと交流した経験を持つ「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんにお話を伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20161201145940j:plain

お土産は金額ではなく「相手が感じる驚き」で価値が変わる

「あの人のお土産は間違いがない」「何てセンスの良いお土産なんだろう」

どんな職場にも「この人のお土産はいつも楽しみだ」と言われる“お土産上手”が存在しています。

彼らのお土産は、値段が高い物と思いきや、決してそうではありません。そのほとんどが1000円前後の普通の値段。ではテレビや雑誌で話題の人気商品かというと、決して話題の品という訳でもありません。なぜならお土産上手は、値段や話題性に価値を置いていないからです。もちろんお土産の品が良い物であることは大前提です。でもお土産上手はそこに「相手が感じる驚き」をプラスしています。

誕生日プレゼントで例えてみましょう。事前に欲しいものを聞かれていて、実際にそのプレゼントをもらうのと、何も聞かれていないのに欲しいものをプレゼントされるのでは、どちらが嬉しいでしょうか?もちろん後者の方が前者より何倍も嬉しいですよね。

このようにプレゼントは、「驚き」を加えることで、相手にとって何倍も価値が高まるという性質を持っています。

その「驚き」は、「権威」「時間差」「裏切り」の3つの方法で簡単に実現できます。この3つのうちどれか1つを真似するだけで、同じ1000円の品なのに、勝手に相手が10倍の1万円の価値に感じてくれることもあるのです。これは、やらない手はありませんよね!

相手が10倍の価値を感じる方法-1 「権威」

大切な人へのお土産というと「値段が高い物」や「美味しい物」を差し上げたくなりますが、その「高い」や「美味しい」は自己満足でしかありません。なぜなら値段は購入した人しかわかりませんし、味は相手が感じるものだからです。そこでおススメなのが「権威」を活用することです。中でも国内最強の権威は「宮内庁御用達」なのではないでしょうか。

キオスクで買える1000円のお煎餅だったとしても、「このお煎餅は、宮内庁御用達なんです。ぜひみなさんで召し上がってください」と言われたら、何だかとてもありがたいものをもらったと感じてしまうものです。

人は「歴史」や「重み」、「ストーリー性」に値段以上の価値を勝手に感じる生き物です。それらをいちいち説明せずに相手に感じてもらえるのが「権威」であり、その最高峰は宮内庁御用達の品となるのではないでしょうか。探し方は簡単です。検索エンジンで「宮内庁御用達 お土産」と検索するだけです。他にも相手が好きな有名人や文化人など、価値を高めてくれる「権威」は数多く存在しますので、ぜひ活用してください。

相手が10倍の価値を感じる方法-2 「時間差」

世界一美味しいと言われている焼肉でも、満腹の時に食べてはその味も半減するように、お土産にも一番魅力を高めてくれるタイミングが存在しています。

例えばバレンタインのお返し。一般的に2月14日に女性がチョコレートを男性にプレゼントし、3月14日に男性が女性にお返しをすることになっていますが、「最適」の概念で考えると、この渡し方は大間違いです。

バレンタインの最適なお返しは、女性からチョコレートをもらったその場が正解です。社内の女性から義理チョコをもらったら、その場で「いつもありがとう」と言って逆にチョコレートを差し上げてください。バレンタインは、「女性から男性にチョコレートを渡す日」ではありません。「男性が女性に日ごろの感謝を伝える日」なのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。