ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

女性版『ゴーストバスターズ』のポール・フェイグ監督、次回作は女性エンジニアを描いたコメディ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
女性版『ゴーストバスターズ』のポール・フェイグ監督、次回作は女性エンジニアを描いたコメディ

今夏、大ヒットを記録したリブート版『ゴーストバスターズ』の監督ポール・フェイグが、次回作で女性エンジニアを題材にしたコメディ『Turned On(原題)』を製作することが明らかになった。

https://www.youtube.com/watch?v=IFAKqw9iUWw

『Turned On』は、「カープールカラオケ」でもおなじみの大人気トーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン/The Late Late Show With James Corden』でアシスタントを務めるチャーリー・ケッセルリングが書いた脚本を映画化したもの。自分の身代わりとなるアンドロイドを作った人見知りの女性エンジニアが、ロボットが自己実現を達成した時に、思わぬ騒動に巻き込まれる……というストーリーが展開される。

プロデューサーには、<フェイグコ・エンターテイメント>の社長ジェシー・ヘンダーソンが起用されており、同社は過去にもフェイグ監督作である『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』や『SPY/スパイ』のプロデュースを手がけた経緯がある。

『Turned On』のキャストはまだ決定していないものの、フェイグ組としておなじみのメリッサ・マッカーシーらが出演するのか? 再びSNL組の参戦はあるのか? キャストの決定に注目が集まっている。

■参照リンク
http://variety.com/

関連記事リンク(外部サイト)

矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
カナダ代表、NHLプレイヤーが見せた正確無比な超人的テクニックが神技すぎる【動画】
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。