ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、スマートフォンを車のヘッドアップディスプレイに変える「HUDスタンド」を発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

上海問屋は 12 月 1 日、スマートフォンを車載用のヘッドアップディスプレイとして機能するようにする便利アクセサリー「HUD スタンド(DN-914412)」を発売しました。価格は 1,999 円(税込み)です。HUD スタンドは、車のフロントガラスに貼り付ける反射シートとスマートフォンをダッシュボードに置くためのスタンドで構成されたアクセサリーで、ダッシュボードに寝かせたスマートフォンの画面を反射シートを介して見ることができます。HUD スタンドの良いところは目線を下げずにスマートフォの画面を見られるところです。スマートフォンの画面はフロントガラスに映る形になるので、よそ見をして事故を招くことを防止できます。ただ、一般的な車載スタンドのように置いたままのタッチ操作が難しいので、利用するアプリはナビやスピードメーターなどの表示するだけのものに限られてきます。Source : 上海問屋

■関連記事
ZenWatch 3の台湾モデルは技適マーク付き、モバイルゲージでも販売開始
三菱東京UFJ銀行、口座残高やクレジットカード・デビットカードの利用明細を確認できる公式アプリ「My Money」をリリース
アララの「ロングブレスダイエット公式アプリ」がChromecastをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。