体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【FM802 MINAMI WHEEL 2016 EXTRA EDITION】ライブレポ by FM802 DJ 河嶋 奈津実

【FM802 MINAMI WHEEL 2016 EXTRA EDITION】ライブレポ by FM802 DJ 河嶋 奈津実
 FM802が毎年秋に行う【Play Station Music presents FM802 MINAMI WHEEL 2016】が今年も10月8日、9日、10日に開催された。
大阪の「ミナミ」と呼ばれる一帯に点在するライブハウス20ヶ所で合計400組を超えるアーティストが出演し、パスを持ったお客さんは自由に会場を行き来することができる。大阪の街を散策しながら新たな音楽との出会い楽しめるサーキットフェスとして今回で18回目を迎えた。
そしてミナホレポート第五段にはFM802 DJ 河嶋 奈津実!
担当番組:『LNEM-エルネム-』(TUE.27:00-29:00)
このイベントには欠かせなくなった、オールナイトイベント【FM802 MINAMI WHEEL 2016 EXTRA EDITION】でのSuchmosのライブレポート行ってくれた。
 時計の針は、間もなく深夜1時を指そうとしている。真夜中にも関わらず、およそ2,000人を収容するなんばHatchは、彼らを待ちわびる観客で埋め尽くされていた。お決まりのSEが響く。フロアがどよめく中、スタジオでのセッションからそのままやってきたようなラフな格好で、Suchmosの6人がステージに現れた。いつものジャージ姿で最後に登場したYONCE(Vo)は、マイクを持つと、この日の主催であるFM802の愛称を高らかに叫んだ。
「Funky Eight-O-Two, Stay Tune!!!」
彼らが音を鳴らせば、そこがどこであろうと一瞬にして淡い潮の香りに包まれる。いまや彼らの代表曲となった”Stay Tune”のイントロに乗って、大観衆が一斉に波打つさまは圧巻だった。OK(Dr)とHSU(Ba)が生み出す深いグルーヴと、TAIHEI(Key)が奏でる優美な旋律。その上を艶やかに舞うYONCEの歌声に、誰もが酔いしれていた。彼らはその後、TAIKING(Gt)の妖しいギターリフが印象的な”新曲”や、バンドの飛躍のきっかけとなった”Miree”を披露。客席からは女性の黄色い歓声や、男性の野太い声援が飛んだ。中でもライブのハイライトとなったのは、最新EP”Mint Condition”に収録された”Dumbo”であろう。「Time to Rock ‘n’ Roll!! Come on, Mr. HSU!!」 YONCEの一言を合図にHSUが歯切れのいいベースラインをはじき出すと、それまで横に広く揺られていた観客たちは、たちまち縦に体を弾ませるのだ。YONCEのエモーショナルなボーカルアプローチに、会場の熱気も上昇する。そしてこの楽曲の見どころである、DJ KCEEの巧みなスクラッチが炸裂した。「ここ(なんばHatch)が気に入ったから、いつかワンマンやるよ!」 清々しい宣言とともにこの夏のアンセム”Mint”を残し、ステージを後にした6人。その残り香の漂う真夜中のなんばHatchは、恍惚のため息で満ち溢れていた。
◎イベント概要
【Play Station Music presents FM802 MINAMI WHEEL 2016 EXTRA EDITION】
開催日:2016年10月8日(土)<終了>
会場:なんばHatch

関連記事リンク(外部サイト)

Suchmos、12月10日に一夜限りのパーティーでリキッドワンマン上映
FM802 12月のヘビロは、邦楽“Anly” 洋楽“Jonas Blue”に決定
川上洋平([Alexandros])、映画『きょうのキラ君』に英語教師役として友情出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。