ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【先ヨミ】平手友梨奈が3連続目のセンター務める欅坂46『二人セゾン』46万枚超で首位独走!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【先ヨミ】平手友梨奈が3連続目のセンター務める欅坂46『二人セゾン』46万枚超で首位独走!

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年11月28日~11月30日までの集計が明らかになり、欅坂46の3rdシングル『二人セゾン』が46万枚を売り上げて断トツの首位に立っている。

 すでに前作『世界には愛しかない』の初週売上を大きく上回る数字をマークしていることから、着実に知名度と人気を獲得し続けていることが分かる。そんな本作の表題曲でセンターを務める平手友梨奈は、これでデビューシングルから3作連続のセンター獲得を果たしたことになる。また、欅坂46は、12月に初のワンマンライブを有明コロシアムで実施し、年末には【COUNTDOWN JAPAN】や紅白への出演も決定している。まだまだこの右肩上がりの勢いが止まることはなさそうだ。

 2位に入ったのはE-girlsの18thシングル『Go! Go! Let’s Go!』。“E.G. COOL”がコンセプトのドープなヒップホップナンバーとなっている。3位に入ったTOKIOの『愛!wanna be with you…』はメンバーの長瀬智也が作詞・作曲を手掛けた、本格的なポップパンクサウンドを鳴らす仕上がりとなっている。こちらはテレ朝系ドラマ『家政夫のミタゾノ』の主題歌としても絶賛オンエア中。

 4位には、広島発の女性アイドルグループ=MAPLEZの7thシングル『オーセンティックインベンションとロマンティックパラノイド』が、5位には、スターダストプロモーション所属の“Female to Male=元女性”ユニット=SECRET GUYZの6thシングル『OH,MY GiRL!?~夏をあきらめて。冷やし中華終わりました。~』が入った。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年11月28日~11月30日までの集計)
1位:『二人セゾン』欅坂46 462,955枚
2位:『Go! Go! Let’s Go!』E-girls 15,206枚
3位:『愛!wanna be with you…』TOKIO 11,752枚
4位:『オーセンティックインベンションとロマンティックパラノイド』MAPLEZ 10,253枚
5位:『OH,MY GiRL!?~夏をあきらめて。冷やし中華終わりました。~』SECRET GUYZ 10,185枚

関連記事リンク(外部サイト)

KinKi Kids、欅坂46、桐谷健太ら10組が初出場 RADIO FISH中田はピコ太郎をライバル視
欅坂46、爽やかで切ない新曲「二人セゾン」MV公開
E-girls楓、CanCamの表紙に登場し“いつもより甘くて女の子らしい”姿を披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。