ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【FM802 MINAMI WHEEL 2016】ライブレポ by FM802 DJ 板東 さえか

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【FM802 MINAMI WHEEL 2016】ライブレポ by FM802 DJ 板東 さえか
 FM802が毎年秋に行う【Play Station Music presents FM802 MINAMI WHEEL 2016】が今年も10月8日、9日、10日に開催された。
大阪の「ミナミ」と呼ばれる一帯に点在するライブハウス20ヶ所で合計400組を超えるアーティストが出演し、パスを持ったお客さんは自由に会場を行き来することができる。大阪の街を散策しながら新たな音楽との出会い楽しめるサーキットフェスとして今回で18回目を迎えた。
ミナホレポート第三弾はFM802 DJ 板東 さえか!
担当番組:『LNEM-エルネム-』(MON.27:00-29:00 )
(1日目)
 sumika@BIGCAT
 MINAMI WHEELが開催される最もキャパの大きいハコ、BIGCATには毎年そうそうたる面々が名を連ねる。そんな3日間の初日、BIGCATトップバッターのステージでミナホをスタートさせようと会場には2時間も前からライブキッズ達が首を長くして待っていた。期待に応えるようにMINAMI WHEEL2016始まりの合図を鳴らしてくれたsumika!1曲目からFM802のヘビーローテーションナンバーでもあるパレード感満載の「Lovers」で一気にボルテージ急上昇!フロアは跳ね上がる!沸き上がる!カラフルなサウンドにぴったりなライティングもまた素晴らしかった!ミナホ初出場にして堂々のステージ!お見事でした。
 ロザリーナ@Pangea
 色っぽくもあり、無邪気な少年のようでもある彼女の歌声はずーっと聴いていたいほど心地いい。独特で存在感がある。あまりにもノスタルジーで現実逃避してしまう。胸がぎゅっとなる景色が広がる詞やメロディ、世界観に引き込まれるステージング。ギターを置いてボーカルに徹する姿は妖精みたいで、ちゃんと見ていないとどこかに消えて行ってしまいそう。小さい子供らが1番前で楽しそうにしていたのも印象的。彼女の曲は大人を童心へと導くだけでなく、幼い子供にも響くのだ。今後注目の女性シンガーソングライターをこのタイミングでしっかりと目撃。
 My Hair is Bad@BIGCAT
 「ドキドキしようぜ!ドキドキさせにきました、新潟・上越市のロックバンドMy Hair is Badです」各所ロックフェス、サーキットイベントにひっぱりだこの3ピースMy Hair is Bad。通称マイヘア。音源では収まらない爆発力はライヴでこそ発揮する。青さと熱がほとばしる楽曲が聴く者の耳に、心に、たたみかけるように語りかける。言葉を放つたびに顎から垂れる汗がまぶしい。目を逸らさないただまっすぐな彼らがまぶしい。圧倒的なカリスマ性。この月のFM802ヘビーローテーションナンバー「告白」がナマモノとしてリスナーに届いた瞬間、ドキドキしてしょうがなかった。
(2日目)
 AFRICA@clapper
 楽しみだった!旅をしに来た!ロマンチックでファンタジーなAFRICAの音で揺れたかった!重なって大きく膨らんだサイケデリックなサウンドはライヴでは音源よりもはるかに骨太でタイトだった。ライブハウスに居た者が一瞬でそれぞれの”あの夏”へと連れ去られる。日本語なのに外国にいるような気分になるエキゾチック感。または外国で日本語を耳にするような非日常感。想像してわくわくするランドスケープ。まさに浪漫飛行!!!
 愛はズボーン@SUNHALL
 ミナホ2日目SUNHALLキャパいっぱい、元気いっぱいのお客さんたちを早速大満足させてしまったのが、アメ村が生んだコッテコテのごっちゃまぜの超個性派バンド・愛はズボーン!!がっつりハートを掴むパフォーマンスとバンドのグルーヴは間違いない。意味の無いようで意味深な歌詞。これが日常でふと下りてくるから恐るべし。とにかく1度捕まえたら離してくれやしないしつこさっぷり!さすが大阪生まれ!笑
 DIALUCK@Pangea
 浮遊感ある特徴的なボーカルが脳に残る。気づけば歌ってしまってる。作り込み過ぎていないアレンジがむしろ良い。肩の力が抜ける。DIALUCKに流れる独特なリズムがめちゃくちゃ気持ちいい。これまた中毒性が強い。期待値をしかと体感。
(3日目)
 Saku@Pangea
 キュートでスイートな歌声で、ジャッキジャキギターをかき鳴らす!このギャップと突き抜ける明るさに惚れてます!そして、複雑でむずかしい乙女心を抱く曲の中の主人公たちはSakuの手にかかればほっとけない愛しい女の子になれてしまう。人柄が溢れてる。そして音楽愛に溢れてる。話題となった映画『シング・ストリート』の挿入歌ザ・キュアーのカバーには痺れた…!!
 iri@FANJTwice
 神奈川県逗子市在住のSSW iri(イリ) 。去年のミナホではギター1本マイク1本というシンプルなセットでしたが、今年はうってかわってバックに生ドラム+DJを携え3人編成でオンステージ。弾き語りスタイルとはまた違うグルーヴでフロアを深~いリズムで揺らせてくれました。体が後ろにひっぱられるような重いビートがやみつきになる…。ルックス、ファッション、音楽性、全部込みで今最もナウい女性アーティスト。ドキドキするし、心地いいし、iriちゃんの波にさらわれたくなった!
 LILI LIMIT@SUNHALL
 どんどんとタフになっていくライブパフォーマンス!分厚いのに1音1音こだわったサウンドの繊細さはそのまま届いてくる。メロディセンス、ワードセンスがとにかく長けていてクセになる。緻密なバンドサウンドと合わさる人間味溢れる歌詞が、知っている感情や知っている日常の風景とリンクする…どうしてこんなにも胸を締め付けられるのか。いろいろと頭で考えてしまいながら気分は高揚していく。そして高揚の向こう側に待っている幸福感。ミナホもいよいよクライマックス、揃いで真っ白な衣装を纏った5人が色鮮やかに彩ってくれました!
Text by FM802 DJ 板東 さえか

◎イベント概要
【Play Station Music presents FM802 MINAMI WHEEL 2016】
開催日:2016年10月8日(土)・10月9日(日)・10月10日(月・祝)
会場: knave / club vijon / hills パン工場 / AtlantiQs / KINGCOBRA / DROP / americamura FANJ twice / BIG CAT / SUN HALL / BRONZE / CLAPPER / Pangea / VARON / OSAKA RUIDO / OSAKA MUSE /CONPASS /FootRock&BEERS / FANJ / JANUS / soma
主催:FM802 / MINAMI WHEEL2016 事務局
(事務局構成団体 = FM802 / 大阪ウドー音楽事務所 / キョードー大阪 / GREENS CORPORATION / サウンドクリエーター / 清水音泉 / スマッシュウエスト / ソーゴー大阪 / ページ・ワン / 夢番地)
イベントHP:http://minamiwheel.jp/
Twitter:@minamiwheel(#ミナホ #MW16)
Facebook:https://www.facebook.com/minami.wheel/
お問い合わせ(一般):FM802 リスナーセンター info@funky802.com

関連記事リンク(外部サイト)

注目の女性アーティスト・iri ケンモチヒデフミら参加の1stアルバム『Groove it』全曲試聴&セルフライナーノーツ公開
サンナナニ×THE LIPSMAX×DIALUCK【GIRLS 3×3】ガールズ3ピースバンドが激突
FM802 4月のヘビロは邦楽“sumika”と洋楽“Rachel Platten”に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。