ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【FM802 MINAMI WHEEL 2016】ライブレポ by FM802 DJ 豊田 穂乃花

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【FM802 MINAMI WHEEL 2016】ライブレポ by FM802 DJ 豊田 穂乃花
 FM802がおくる秋の恒例イベント【Play Station Music presents FM802 MINAMI WHEEL 2016】(通称:ミナホ)が開催された。今年は10月8日、9日、10日の3日間、大阪・ミナミにあるライブハウス20カ所に総勢430組を越えるアーティストが出演し、ショーケースライブを繰り広げた。秋晴れの清々しい空気で動きやすいのか、PASSを首からさげ街を駆け回るお客さんの活気も例年以上だったように思う。私もその一員として音楽に溢れたミナミを端から端まで堪能し、たくさんのアーティストと新たに出会った。ここでは、その中で特に印象に残っているアーティストをご紹介したい。

ミナホレポート第ニ弾はFM802 DJ 豊田 穂乃花!
担当番組:『LNEM-エルネム-』(THU.27:00-29:00)
 初日、8日。この日はアルカラとグッドモーニングアメリカによる”ミナホ開会宣言”という名のゲリラライブが三角公園にて行われ、本編スタート前から凄まじい熱気に包まれていた。
 そんな中、私のミナホスタートアーティストはSUNHALLに登場したベッド・イン。日本に再びバブルを起こすために結成したという彼女たちのパフォーマンスは同じ20代の私にとって、とても新鮮だ。一度ライブで観てみたいと思っていたタイミングでのミナホ出演ということで、すでに入場規制ギリギリの会場に滑りこんだ。タイトなシルエットのボディコンシャスワンピースがミラーボールのように輝き、会場内は羽付き扇子の羽が舞っている。初めての光景に一瞬、自分がどこにいるのかわからなくなったが、現実に引き戻してくれたのは、中尊寺まいのギターソロ。ライブ終盤さながらの盛り上がりが1曲目から展開されていた。今年間違いなく、キテいる彼女たち。今後の活躍が非常に楽しみだ。
 続いては最西端のライブハウス、knaveにて葉山久瑠実。ステージにはキーボードとマイクのみ、あまりにシンプルだがそのスタイルが彼女の魅力を伝えるには最適だった。少しハスキーな歌声に透き通るピアノの音、胸の奥まで突き刺さる皮肉を込めた歌詞たち。あまりに独創的な世界観ゆえに、その闇に時々溺れてしまいそうになりながら、30分間必死に彼女の声を聴いた。ライブは先日リリースされたミニアルバム『嫁入り困難』を中心に展開されていく、その中で強く印象に残ったのは「身の程知らずになりたい」という1曲。タイトルそのままの曲で聴いているうちに、こうなれたら…となれるものなら…という葛藤が生まれていく。しかしこうして誰しもの内側にあるものを美しいサウンドとともに奏でてくれる彼女のライブに私の心は洗われたように思う。そんな私たち客に彼女は「物好きですねぇ…。」と複雑な声色で声をかけるのだった。
 前日夜のエクストラエディションで観たavengers in sci-fiのライブ余韻を引きずりながらも、スタートした2日目。明るい時間、爽やかなサウンドを求めて向かったのはSUNHALL、神奈川県出身の4人組ピアノ・ロックバンド・HOWL BE QUIETのライブだ。彼の楽曲「MONSTER WORLD」は今年3月にFM802のヘビーローテーションナンバーになっている。ライブは楽曲イメージどおりの爽やかさと輝きを感じた。さらに、はじめてライブハウスでライブを観た時のドキドキ感、ちょっと気恥ずかしい気持ちと自然と笑顔になるあの懐かしい気持ちを思い出している自分がいた。そんな素敵な時間を与えてくれた彼らに感謝の気持ちでいっぱいだ。
 
 そして皆さんもこんなことがあっただろうか?なんと2日目の後半というタイミングでタイムテーブルの見間違いにより、空白の時間がぽっかりできてしまった。さぁいったいどこへ向かおうか…タイムテーブルとにらめっこしながら悩んでいるところに、FM802 DJ飯室大吾先輩と遭遇。そのままご一緒させていただき、向かった先はFANJtwice、フレンズのライブだ。the telephonesの長島涼平やex.THEラブ人間のおかもとえみが所属する5人組バンド、渋谷系ならぬ「神泉系」をテーマに誰もが楽しめる音楽を発信している。ライブはおろか楽曲もあまり触れたことがなかったのだが、この偶然の出会いは今年のミナホで一番の良い出会いとなった。ロックでもシティポップでもなく、ジャンルレスなまさに「誰もが楽しめる音楽」を、とても楽しそうに演奏する彼らに引っぱられ、気がつけば素直に笑っていた。歌詞のキュートさもサウンドの耳なじみも一度聴くと、彼らを好きにならずにはいられない。何もかもとっぱらって踊りだしたくなる、最高の時間だった。
帰宅し、フレンズのライブ余韻から気持ちよく夢の中へ…。
 そして最終日。この日は本編スタート前にJANUS ダイニングにて行われた「女子シンガソングライターまつり」のMCを担当させていただいた。なんと開場1時間前から長蛇の列…。開演時にはお店に入りきらないほどのお客さんを迎え、トップバッターで登場してくれたのは、本編初日にBIGCATに登場した植田真梨恵。本番前、お客さんが入りきっていないという話聞いて「じゃあ外まで届けます。」となんとも頼もしい言葉で私たちを虜にすると、その言葉通り、歌声を外まで響かせてくれた。ギターの弦が切れてしまいそうなほどの圧倒的なパワーなのに、羽がはえているような抜けのいい歌声、この絶妙なバランスに、思わずため息が出てしまうほどだった。ランチタイムに音楽を、というテーマのイベントだったのだが、食べることを忘れてしまうくらい圧巻のパフォーマンスを披露してくれた。
 そして2番手は本編では2日目にFANJtwiceに登場したREI。私も以前から大ファンでこのイベントでご一緒できるのはとても嬉しかった。実際に演奏している姿を見ずに音だけ聞いていると、一体何人で演奏しているのだろう?と思うほどの素晴らしいギターテクニック、あのかわいらしい容姿からは想像できない骨太でジューシーな歌声を惜しみなく披露してくれた。
 そしてラストは夜7時から本編への登場を予定していたSaku。カフェで迎えるランチタイムに合わせて決めたというセットリストは、時間を忘れさせてくれるような穏やかで心地よいもので、合間のMCでは自身の近況ネタからお客さんの笑いを誘った。隙間から入ってくる、ひやっとした秋風が彼女の歌声にセンチメンタルな空気もプラスし、清々しい天気の昼下がりに至福のひとときを演出してくれた。
 無事イベントも終了し、この3組だけで満足してしまいそうになりながら向かった先はBIG CAT、番組にも何度も登場してくれているさユりのライブ。透過スクリーンを両サイドに設置し、その間で大きなギターを抱える彼女だけを見るとステージが大きく見えたのだが、歌いだすと一変…!彼女の存在感にステージが狭く見えたのだ。そんな彼女が叫ぶように歌えば歌うほど、さユりのライブをはじめて観たというお客さんがロックされ微動だにしなくなっていく。それだけ彼女が曲に込めた強い強い想いが響いているということなんだろう。デビュー時から応援している私としてはその光景がとても嬉しかった。そして今回の目玉でもあったRADWIMPS 野田洋次郎プロデュースの新曲「フラレガイガール」を初披露。今までの痛みや過去を叫ぶように歌うのとは違う、彼女らしさはしっかり残しながらも、女の子としての新たな一面を知ることができる1曲となっている。一言でいえば、”かわいいさユり”が誕生していた。これはファンの方の反応も含め、オンエアがとても楽しみだ。
 そして最後は私が愛してやまない京都の5人組バンド、LOCAL CONNECTを観にKING COBRAへ。このバンドはよく番組に遊びにきてくれ、私自身もよくライブを観に行っている。そんなローコネのミナホでのステージは今まで観たライブの中でダントツにとにかく真っ直ぐだったように思う。もちろん彼らの良さは猪突猛進なところであり、日頃も真っ直ぐではあるのだが、この日はセットリスト・MCにも一貫した芯があり、最初から最後までその場を離れたくないと思わせるパワーがあった。ライブを観ているこちら側が照れてしまうくらいの熱量にはじめ、オーディエンスは心を閉じてしまうかもしれない。しかし彼らの言葉はその壁すら突き抜けて本気で私たちを音楽で救おうとしてくる。是非その熱くて優しくて、一直線に投げかけてくる言葉に耳を傾けてみてほしい。きっとこのバンドに対して愛が生まれるはず。
 さてこの3日間、今書いたアーティスト以外にももちろん、たくさんの出会いがあった。ここですべてを書くのも良いがそこは少しもったいぶって、DJらしく自分の番組で音楽とともにご紹介したいと思う。また来年もたくさんのミュージックラヴァーと音楽の街を作れますように。
Text by FM802 DJ 豊田 穂乃花
◎イベント概要
【Play Station Music presents FM802 MINAMI WHEEL 2016】
開催日:2016年10月8日(土)・10月9日(日)・10月10日(月・祝)
会場: knave / club vijon / hills パン工場 / AtlantiQs / KINGCOBRA / DROP / americamura FANJ twice / BIG CAT / SUN HALL / BRONZE / CLAPPER / Pangea / VARON / OSAKA RUIDO / OSAKA MUSE /CONPASS /FootRock&BEERS / FANJ / JANUS / soma
主催:FM802 / MINAMI WHEEL2016 事務局
(事務局構成団体 = FM802 / 大阪ウドー音楽事務所 / キョードー大阪 / GREENS CORPORATION / サウンドクリエーター / 清水音泉 / スマッシュウエスト / ソーゴー大阪 / ページ・ワン / 夢番地)
イベントHP:http://minamiwheel.jp/
Twitter:@minamiwheel(#ミナホ #MW16)
Facebook:https://www.facebook.com/minami.wheel/
お問い合わせ(一般):FM802 リスナーセンター info@funky802.com

関連記事リンク(外部サイト)

RADWIMPS野田洋次郎“やっと見つけた、この人だ” さユり「フラレガイガール」へのコメント公開
ナードマグネットのツアーファイナル東京公演にフレンズの出演決定
神奈川県出身ピアノロックバンド・HOWL BE QUIET 新曲「Wake We Up」生披露&インタビューをLINE LIVE配信

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。