体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EBiDANオフィシャルブック第9弾「超特急ver.」表紙&内容を公開、裏表紙はM!LK

EBiDANオフィシャルブック第9弾「超特急ver.」表紙&内容を公開、裏表紙はM!LK

スターダストプロモーションに所属する新人・若手俳優によるユニット、EBiDAN(恵比寿学園男子部)のオフィシャルブック「EBiDAN」第9弾として、12月23日に発売される「Loppi・HMV限定版(超特急ver.)」の表紙が公開された。

12月17日に神戸ワールド記念ホール、12月24日に国立代々木競技場 第一体育館でのアリーナライブを控える超特急の企画は、飛び石号車で2SHOT×7組の対談を行う「超特急 2×7 Talk!!」。

ユーキ→タカシ、タクヤ→ユースケなどさまざまな組み合わせで、メンバーがメンバーにインタビュー。真面目な話から謎質問まで、組み合わせごとに違った雰囲気の対談となった。撮影はボウリング場で行われ、最後には「超特急ボウリング大会」も開催。その結果は誌面で確認できる。

裏表紙は、来年1月11日に5thシングル「疾走ペンデュラム」をリリースするM!LK。大躍進の2016年を振り返り、それぞれのがんばったことを聞いたほか、がんばっている読者への応援メッセージを送った。

また、EBiDAN史上初の企画「EBiDAN AWARD」には、総勢150人がエントリー。「ユニット部門」と「EBiDAN Region部門(TOKYO/OSAKA/SENDAI/NAGOYA/FUKUOKA/OKINAWA)」に分かれて行われ、「彼氏にしたい」「友だちになりたい」「歌が好き」「ダンスが好き」「弟にしたい」「将来大物になりそう」などの賞を読者投票で決める。

「ユニット部門」の総合ランキング1位は、記念すべき「EBiDAN vol.10」通常版で単独裏表紙に。「EBiDAN Region部門」の総合ランキング1位は、「EBiDAN vol.10」で1ページの特集が組まれる。

ほかにも各ユニットの特集はもちろん、「EBiDAN THE LIVE 2016〜Summer Party〜』の独占レポート記事や、黒川ティム(PrizmaX)×リョウガ(超特急)×ユーキ(超特急)のユニットMiX対談などオフィシャルブックならではのコンテンツが満載となっている。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会