ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

BBQ串、飯盒炊飯、ワニの手!? 室内で年中で楽しめるバーベキュー酒場【大阪】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:mesitsu_lc:20161121182249j:plain

グルメ激戦区・福島の高架下で本格バーベキュー!

こんにちは、メシ通レポーターの西尾です。 今回は、冬でもアウトドア気分で楽しめる、バーベキュー酒場をご紹介します。2016年7月1日にオープンした「pit master VAMOS (ピットマスターバモス)」です。

f:id:mesitsu_lc:20161121182421j:plain

JR大阪環状線の福島駅の改札を出て、高架沿いにずっと西へ進みます。

f:id:mesitsu_lc:20161121182419j:plain

駅から徒歩3分ほど。一つ目の信号を渡って更に高架沿いを進むと、見えてきました。反対側にも入り口がある両側開きの入り口です。

f:id:mesitsu_lc:20161121182355j:plain表の貼り紙。

ワニの手!?

これは気になりますね。

f:id:mesitsu_lc:20161121182121j:plain

店内は手作り感あふれる空間です。入り口はビニールシートですが、中はちゃんと暖かいので安心です。

f:id:mesitsu_lc:20161121182147j:plain

この手洗い場は、まさにキャンプ場の再現です。パレットを再利用したテーブルやイスなど、細かいところまでこだわった、非日常のアウトドア空間です。

「キャンプ場にないものは極力置きたくないんですよ。アウトドアのような雰囲気で、本格的なバーベキュー料理を気軽に楽しんでもらいたんです。もう少し寒くなったら、学校にあるようなストーブを置こうかと考えています」と、オーナーの杉本昌隆さん。

杉本さんはオマール海老つかみどりで人気の「活海老バルorb」出身。お客さんに喜んでもらえるように、本気でおもろいことを追求する姿は、修業先のお師匠さんと重なります。

f:id:mesitsu_lc:20161121182358j:plain

2階はコース予約限定。人工芝張りで靴を脱いでくつろげます。室内なのにテントが張られていて、気分はグランピング。

見てびっくり、食べて満足のBBQ料理

店名にある“Pit Maser”は”BBQで焼いてくれる人という意味とか。本格的なバーベキュー料理は、調理方法がシンプルな分、下準備や調理に何時間もかかったり、火加減の見極めがシビアだったりと、意外と大変です。それが、プロの手で一から全部やってもらえるのはありがたい限りです。

さて、さっそくワニの手を注文です。

f:id:mesitsu_lc:20161121182155j:plain

塩胡椒をして、スパイスを振りかける杉本さん。

f:id:mesitsu_lc:20161121182210j:plain

ある程度火が通れば自家製ソースを塗って、更にナラのまきと炭火でじっくりと燻し焼きします。

インパクト重視のネタ的メニューかと思いきや、手間ひまかけた本格的なメニューです。

f:id:mesitsu_lc:20161121182227j:plain

待つこと10分、ついに登場! 期待にそぐわぬビジュアルです。ワニの手 1,620円。

f:id:mesitsu_lc:20161121182313j:plain

ワニ肉初体験。手づかみでいただきます!

見た目と裏腹に、地鶏のようにうま味がギュっとつまった、程よい歯ごたえ。ウロコみたいに見えた皮も、実は柔らかくて、中はコラーゲンの塊のようなプルプル食感。手羽先のようで、クセになります。スパイシーな味付けがマッチして、食べだすと止まりません。

f:id:mesitsu_lc:20161121182231j:plain

気付くと、お皿には骨しか残っていません。

「ここまでキレイに食べた人は初めてです」と、ほめられ(?)ました。

f:id:mesitsu_lc:20161121182328j:plainワニの手を注文すると、スタッフさんとワニ? ゲームができます。勝負して、勝てばワンドリンクサービス!

お酒はプラコップになみなみと入って、1杯 540円均一です。

f:id:mesitsu_lc:20161121182309j:plain

▲新メニューのビッグバンチューハイ 540円

チューハイの中には、氷の代わりに凍らせたグレープフルーツがぎっしり。時間が経っても薄まりません。最初は凍っていたフルーツが、徐々にシャーベット状に。最後までおいしく飲んで食べられます。フルーツは季節でかわるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20161121182312j:plain

▲ほぼ全員が注文する看板メニュー、牛肉バーベキュー串 1,080円

30センチを超える長い串に、肉、野菜、肉、野菜、肉が刺さっています。柔らかいハラミが120グラムと、ステーキ並みのボリュームですが、塩、コショー、スパイスの塩梅がよくて、一本ペロリ。

塊肉のスペアリブ、京都・福地山の鹿や、北九州市の猪といったジビエ料理、コース料理メニューのビア缶チキンなど、気になるメニューはたくさんあります。が、ここらで、どうしても食べたいシメをお願いします。

f:id:mesitsu_lc:20161121182134j:plain

こちらはほかのお客さんのためのビア缶チキン。何度もソースを塗り重ねて、調理に約2時間かかるそうです。

これぞキャンプ飯。飯盒炊飯(一合) 432円+ちょこっと牛すじカレー 216円。

f:id:mesitsu_lc:20161121182320j:plain

アルミ製のお皿に盛ったカレーライス。遠い少年時代にキャンプ場で食べたカレーを思い出します。

飯盒炊飯で炊いたおこげ付きのご飯に、牛すじが柔らかく煮込まれ、スパイスが効いたカレーは、専門店レベル。

お米は秋田県の親戚の米農家さんがつくる「ひとめぼれ」。

杉本さんがその味にひとめぼれして、生産者に直談判、秋田から直送ルートを開拓したとのこと。玄米で送ってもらい、精米して使っているそうです。米どころのブランド米の上物、それを飯盒で炊くのですから、うまくなるのも必然でしょう。

f:id:mesitsu_lc:20161121182405j:plain

シメのサービスに、焼きマシュマロ。

f:id:mesitsu_lc:20161121183617j:plain

炭火で炙って食べるマシュマロ。最後までアウトドア気分で楽しめます。

「お陰様で、団体のお客さんの忘年会予約が結構入っています。冬限定のダッチオーブンで2時間煮込むカレー鍋、めっちゃ美味しいんですよ。また来てください!」

誰かを連れていきたくなる、楽しさと美味しさのつまったお店です。野外のバーベキューと同じで、大人数でワイワイやるのも良さそうですよ。

お店の情報

pit master VAMOS(ピットマスターバモス)

住所:大阪府大阪市福島区福島8-1-1

TEL. 06-6131-4952

営業時間:17:00~24:00(LO 23:30)

定休日:不定休

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:西尾明彦

西尾明彦

外食ライター&コピーライター。食と酒を中心に、堅めのビジネス系まで柔軟に執筆中。趣味は酒蔵巡り。北は北海道から南は四国まで50蔵以上を訪問。大阪在住のきき酒師。 HP:コピーライター西尾事務所

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「さぼてん食堂」で食べる! こだわり抜かれたカレー【大阪】
「天神」名物のカレーうどんと2時から限定のだし巻き卵がとにかくうまい!
光ってる……! 甘い……! こだわりまくりの白ご飯を食べに行く【大阪】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。