体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パワースポットだらけ!伝説の眠るリゾート「ランカウイ島」に行くべき5つの理由

マレーシアのなかでも群を抜いてレベルの高いリゾート地「ランカウイ島」。外国人だけでなくマレーシア人にも評判が高いこの島では、予算に合わせたいろいろな楽しみ方ができると人気です。普段は厳格そうにみえるイスラム教徒の男女もここではロマンティックに手をつなぎ夕日を眺めている、そんな光景をよく目にする癒しのスポット「ランカウイ島」の魅力をお伝えします。

1.パワースポットだらけ

マレーシアの伝説の眠る楽園リゾート「ランカウイ島」に行くべき5つの理由

パワースポットは別名「エネルギースポット」ともいうほど神秘的なエネルギーが宿る場所のことを言いますが、このランカウイ島にはなんと6つものパワースポットが存在します。その内容は「子宝に恵まれる湖」や「若返りの井戸」、「妖精の現れる滝」などなんとも魅力的なものばかり。

実はこのランカウイ島には何世代にも渡って語り継がれる伝説がいくつもあり、島内にはその伝説を紹介した「伝説公園」なんて場所があるほどなんです。実際に訪れた人たちから「本当に子供ができた!」などという声が多発したことで、人が人を呼びいまでは観光客に一番の観光プランにもなっているそうです。

2.ジャングル体験ができちゃう!

マレーシアの伝説の眠る楽園リゾート「ランカウイ島」に行くべき5つの理由

ここランカウイ島は東南アジアでは一番最初にユネスコのジオパークに認定された、今もなお手付かずの大自然が残る場所。太古から息づく熱帯雨林やマングローブがそこらじゅうに点在し、ジャングルにはここでしか見られない珍しい動植物たちがたくさん生息しています。

そのためランカウイ島では様々な自然の美しい姿を見ることのできるツアーが大人気。リラックスしながらありのままの自然を感じ洞窟探検をしたり、カヤックの上でアフターヌーンティーを楽しんでみたり・・・解放感抜群のこのツアーは一度試してみる価値ありです。

3.島全体が免税!

マレーシアの伝説の眠る楽園リゾート「ランカウイ島」に行くべき5つの理由

「せっかくのバケーションだから、買い物もお酒も我慢はしたくありません」そんな方にもおすすめのここランカウイ島・・・島全体が「免税」という、なんとも旅行者にはありがたい場所なんです。

島の中心地には免税店がところ狭しと並び、ビールも350ml缶が約70円ほどというリゾート地では破格の値段。なにかとお金のかかるリゾート地は敬遠してしまいがちですが、ここなら思いっきりお金の心配をせずに楽しめちゃいます。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
マレーシア鉄道だからこそ出会える絶景3選
旅行者が選ぶ「世界のベストアイランド2015」が遂に発表!第1位は?
現地ガイド伝授!クアラルンプールで買いたい、マレーシアの定番お土産3選
【マレーシア】海外の食通が駆けつける美食の街「イポー」

4.朝シャンできるホテル!?

マレーシアの伝説の眠る楽園リゾート「ランカウイ島」に行くべき5つの理由
(C)facebook/The Datai Langkawi

ランカウイ島は、多忙を極める人にとってはまさにオアシスの極上のリゾート。毎年世界中から多くの人がやってきますが、リピーターの数も毎年増加していると言われています。その背景としてかならず挙げられるのが、「充実した宿泊施設」。というのも、この島には立地やサービス、料理などすべてにおいて洗練されたホテルが多いと評判なんです。とくに「The Datai Langkawi(ザ ダタイ ランカウイ)」は朝からシャンパン飲み放題のサービスがあるといういま話題のラグジュアリーホテル。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会