ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ロブ・レターマン、レジェンダリー制作の実写映画版『ポケモン』を監督

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
rob-letterman-pokemon

ロブ・レターマンが、レジェンダリー・エンターテイメント制作による『ポケモン』シリーズのゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』の実写版映画の監督に就任する。複数の情報筋が本紙ヴァラエティに明かした。

ニコール・パールマンとアレックス・ハーシュが脚本を執筆する。

今年の7月初旬、レジェンダリーは『ポケモン』シリーズの映画化権を獲得したとアナウンスしていた。実写映画化の契約が交わされたのは、権利の共同所有者である任天堂の株価を25パーセントも上昇させるほどヒットしているゲームアプリ『ポケモンGO』が配信された2週間後のことだ。拡張現実を用いたこのゲームでは、プレーヤーがポケモンを捕まえ、バトルや強化ができる。

『ポケモン』は、1996年に日本で発表され、2億7900万本のゲーム、215億枚のカードを74か国で売り上げ、テレビのアニメシリーズは19シーズンも続いている。最近では大変な人気を博しているアプリ『ポケモンGO』の登場により、再びポップカルチャーにおける存在感を示していた。

これまでにレジェンダリーが制作してきた作品群と同様、日本市場以外の配給は米ユニバーサル・ピクチャーズが担当する。

一方、株式会社ポケモンが長らく映画化で提携してきた東宝は、映画『ゴジラ』シリーズのリブート版でレジェンダリーと提携したのと同様に、日本市場の配給を担当する。

レターマンは、米ワーナー・ブラザース制作の映画版『ダンジョンズ&ドラゴンズ』でも監督を務める。彼は、WMEと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。