体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SHOWROOM、VR視聴中のソーシャル連携対応や視認性を改善

SHOWROOM、VR視聴中のソーシャル連携対応や視認性を改善

SHOWROOMが11月30日、VR視聴機能のバージョンアップを実施した。

今回のバージョンアップでは、SHOWROOMのVRルームにおけるTwitterシェア、視認性の改善、バナー設置、テロップ表示に対応。Twitterとの連携においては、VRコンテンツを視聴しながらソーシャルでより多くの人々と話題を共有することが可能となる。

また、「投げられる星が多すぎて出演者が見えなくなる」といった声を受け、ギフティングアクションにおけるアイテムのカラーやアニメーションを調整し、視認性を改善。さらに、バナーやテロップの設置により、VRコンテンツをよりリッチに楽しめるようになった。

今回のバージョンアップは、11月30日以降に提供するVRコンテンツから対応する。

SHOWROOM VR
※VR視聴はスマートフォンのみ対応。

関連リンク

SHOWROOMhttps://www.showroom-live.com

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。