体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDIなど、スマートフォンを空にかざすと流星を観られるWEBサイト「流星放送局」を期間限定でオープン

KDDI は 12 月 1 日、スマートフォンやテレビで流星をリアルタイムに観ることができる新サービス「流星放送局」を 12 月 1 日 ~ 15 日までの期間限定で開始しました。。流星放送局は、システムが検知した流星の情報をスマートフォンやテレビにリアルタイムに通知することで、昼間や都会の夜空では難しい流星の発生や動きを確認できるサービスです。これは、KDDI、BS ジャパン、バスキュール、HAROiD の 4 社合同で実施される期間限定のコラボ企画として提供されており、スマートフォンユーザーは https://ryusei.tv にアクセスして端末を上にかざすと、河口湖をモチーフにした擬似的な夜空が表示され、流星が観測された場合には通知し、画面に軌跡を表示します。また、流星放送局では、WEB サイト上で流星を観たり、願いごと投稿すると、HAROiD が発行しているテレビ共通ポイント「CHARiN ポイント」をが付与されます。Source : KDDI

■関連記事
NVIDIA SHIELDとWileyfox Swift 2/2 Plus向けにTWRPがリリース
乾電池型IoTデバイス「MaBeee」のアプリにイルミネーション制御用の新機能が追加
Android Payがニュージーランドで開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。