ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忘年会シーズン必見! 二日酔い対策・最前線

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

12月に入り、いよいよ忘年会シーズン。普段よりお酒を飲む機会が増えるのではないだろうか。忘年会に関するある調査によると、忘年会に参加意向がある人が8割以上、さらにそのうち7割が2回以上参加すると回答。また他の調査では「過去に二日酔いになったころがある」という回答が男性で71.8%と高い割合を示すなど、年末のハードな飲酒事情がうかがえる。

では、二日酔いにならず忘年会シーズンを乗り切るためにはどうすればよいだろうか。
重要なのは”飲む前”と“飲んでいる最中”に対策することだ。

お酒を飲む前に二日酔い対策飲料を飲む

『ウコンの力』を発売するハウス食品によると、『ウコンの力』は2004年の発売から売上を伸ばし、2010年度の出荷額は180億円に上るとのこと。このことから、飲酒する前の二日酔い対策としてこうした飲料が支持されていることがわかる。

さらに、今冬にかけてアルコールの代謝を助ける商品が大手各社から続々と登場している。そのうちの一つであるゼリア新薬工業の『ヘパリーゼW』などは、アルコールの分解に有効な成分を含んだ清涼飲料水。飲み会の30分から1時間前までに摂ることで二日酔い対策につなげたい。

飲んでいる最中のおつまみの選択に気をつける

お酒を飲んでいる時、なにかと食べたくなるから揚げやフライドポテトなどの油もの。しかしこれらはアルコールを分解する肝臓に大きな負担をかけることに。

飲む際には良質なたんぱく質や野菜など、肝臓にやさしいさかな(ナッツ類、焼き鳥、酢の物、和え物、納豆、肉じゃがなど)を食べながら飲むことが重要。

多くの人が参加する忘年会。このシーズンを楽しく乗り切るために、できることから実施していきたいものだ。

画像引用元:イラスト無料素材 子供や赤ちゃんのイラストわん パグ
http://kids.wanpug.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「楓ミナミ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
恋愛・旅・食・新製品・新情報を常に発信。学業系ネタも得意。
ライター業務・執筆依頼常に受け付け中。

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP