体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が出逢う、東京古着】三宿ROSEで選ぶ、ギフトのような一着

—愛と情熱と美、灼熱の恋、永遠の愛、あなたを愛しています、私を射止めて。
1本なら、“あなたしかいない”、2本なら“この世界は私とあなただけ”。
Under the roseは“秘密に”。A rose is a rose is a rose.“あるがままに”。
「ROSE」からの帰り道、渋谷に向かうバスの中でバラにまつわる言葉を反芻していた。たくさんの花言葉やメタファー。
そう、私たちはいつからか、意味のあるものを探すようになっていく。

池尻大橋と三軒茶屋のちょうど真ん中くらい。曲がり角に佇む、小さな古着屋さん、「ROSE」。11年前にこの曲がり角にやってきてから、多くのファッショニスタたちを魅了してきた隠れ家的名店だ。
夜は22:00までやっているのも嬉しい。仕事の帰り道にふと立ち寄って…。
大人になると、そのくらいのさり気なさで、運命の洋服と出会ってみたいもの。

お店の名前は、大人の男女が持つのに、最もクールでエモーショナルな花の名から命名されたという。男の人から贈られると最高の意味を持つ花。
店内は、バラの花言葉と同じ、たくさんの素敵な洋服で溢れていた。

アメリカと少しのヨーロッパ古着、インポートセレクト、そして、リメイクなどのオリジナルアイテム。
ROSEのアイテムは、主にこの4つから構成されている。
スタッフの今村さんがアイテムひとつひとつを手に取り、そのジャンルと物語を、丁寧に教えてくれた。

「ちょっと遠くから見てみます? 服、あそこに掛けてみましょう」
背後のピンクとシルバーが重なった壁を指差し、今村さんは洋服を移動させた。
「このピンクのペンキの名前も“ROSE”なんですよ」

“ROSE”とよく合ったシルバーのトタンに、ワンピースとガウンが並んだ。 品の良いシルエットと黒に映える繊細な花の刺繍。細やかな柄が施されたベルベットネイビーのロマンティックな光沢。

何色もの色がひしめき合う、マルチカラーのショート丈ファーベスト。
冬トレンドの代表とも言えるファーも、周りとはちょっと違う趣向で取り入れたい。そんな冒険心に一気に火をつけるような、挑発的な可愛さを秘めた1着。

スゥエード風の質感をデザインに落とし込んだ、バイカラーワンピース。
広がった袖のシルエットとシャーリングに、とてもムードがある。 本当だ。少し離れてみることで、服の表情がよく見えた気がする。
近くで見つめているだけじゃ、分からないこと。
この世界は、きっと、そういうことが集まって出来ているのかもしれない。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。