ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

日本遺産と女子力アップのまち郡山で、心もカラダも美しくなる旅 郡山のパワースポットで2017年の恋愛運もアップ!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

猪苗代湖から奥羽山脈を突き抜けて一本の水路を引き、米作や水力発電による新たな産業を生むなど、郡山市を急速に発展させる大きな礎となった「猪苗代湖・安積疏水・安積開拓」のストーリーが日本遺産に認定された郡山市。この冬、郡山市ならではの発展の軌跡を辿る旅にプラスしてお勧めしたいのが、心もカラダも美しくリフレッシュさせ、2017年の恋愛運アップも目指せる女子力アップ旅だ。
東京から東北新幹線で約80分、7,680円(自由席)で行ける郡山市は週末のショートトリップにもピッタリなまち。中でも女子力アップにおすすめしたいスポットをいくつかご紹介したい。

①300余年の歴史を誇る伝統民芸品の里「高柴デコ屋敷」で心を美しく清める旅

 picture01郡山駅から車で約20分、三春駅から車で約6分の場所にある高柴デコ屋敷(郡山市西田町)は、三春駒と三春張り子人形の発祥地。デコ屋敷の「でこ」とは人形の事であり、人形屋敷と言うことだ。今では人形づくりの工房が4軒あり、伝統の粋づく集落となっている。また、ここ高柴地区に伝統的に継承された、張子の面を使った郡山市指定重要無形民俗文化財の「高柴七福神踊り」などや「ひょっとこ踊り」など独自の文化も根付いている面白い里だ。
高柴デコ屋敷にある工房は、「橋本広司民芸」、「彦治民芸」、「本家 恵比寿屋」、「本家 大黒屋」の4軒。まるで“日本昔ばなし”の世界に入り込んでしまったかのような、どこか懐かしい木造の日本家屋が並んでいる。中でも、「彦治民芸」は築約400年のカヤブキ屋根が特徴的な工房。発祥地で唯一、三春駒を木彫りから製造している工房としても有名だ。  picture01
4軒の工房のうち、少し離れた場所にある工房が「橋本広司民芸」。この工房では、工人である橋本広治(はしもとひろじ)さんと、橋本アサさんに出逢うことができる。お二人が張子を作っている様子や、絵付けをしている様子を間近で見せてもらうことが可能だ。
picture03
そして、白い張子に自分好みの色をつけられる絵付けもその場で体験することがでる。自分だけのオリジナル張子は、そのまま旅の思い出として持ち帰るのもいい。
picture04
さらに、橋本広司さんは有名なひょっとこ踊りの名人。広司さんにお願いすると、その場でひょっとこ踊りを見せてくれるかもしれない。picture05

②2017年の恋愛運アップを祈願!郡山のパワースポットを巡る旅

次に、郡山に行くなら絶対に訪れたい恋愛運アップのパワースポット3選をご紹介する。最初におすすめしたいのは東北のお伊勢さまでもある「開成山大神宮」。picture06 日本遺産にも認定された安積開拓に関わる人々の心の拠り所となった神社でもあるこの神社は、全国唯一と言われる伊勢神宮に祀られている天照大御神を分霊勧請した神社。伊勢神宮と言えば国内でも最強レベルのパワースポットだ。その分霊を受けている神社ということで、縁結び・恋愛成就・復縁と恋愛運に与える影響力も期待できる。
2つめにおすすめしたいパワースポットは、郡山の総鎮守「安積国造神社」。 picture07どんな土地にも、古くからそのエリアを守ってきた神様の代表(=総鎮守)が存在しているが、郡山でその総鎮守に当たるのが「安積国造神社」だ。新しい出会いを求める方にはステキなご縁を授けてくれることだろう。郡山駅から徒歩でフラッと行ける距離なので、郡山観光の折にはぜひ足を運んでみてほしい。
3つめにおすすめしたいパワースポットは、薄皮饅頭で有名な「柏屋」にある神社「萬寿神社」だ。 picture08
菓祖神「萬寿神社」は、饅頭(まんじゅう)にも通じることから命名されたもので、萬(よろず)の寿(ことぶき)の意味を持ち、縁結びの神様として親しまれている神社だ。縁結び、招福を願って萬寿の絵馬に願いを託し、祈願している神社なので、2017年の恋愛運アップを期待できるかもしれない。

③米糀で美肌を目指す!郡山の地酒と酒蔵スイーツでおなかも満たせる美人旅

せっかく郡山に行くなら、美味しいお酒も楽しまない手はない。米糀パワーで美肌効果も期待できる、オーガニック日本酒と酒蔵スイーツを堪能するために「仁井田本家」に行くのがおすすめ。picture09
郡山で有名な酒蔵「仁井田(にいだ)本家」は、1711年の創業から300余年「酒は健康に良い飲み物でなければならない」という信条を代々受け継いでいる。日本で最初の自然酒を醸した仁井田本家は、自然米100%、天然水100%、純米100%、自然派酒母100%の酒造りをしており、オーガニック日本酒である点が女子の心をくすぐるポイントだ。
仁井田本家にはお酒が飲めなくても楽しめる酒蔵スイーツ、ノンアルコールの酒蔵ドリンクも揃っている。米糀の甘み成分だけを抽出してつくった「こうじチョコ」は、シンプルなのに可愛らしいパッケージでお土産にも喜ばれそうな新感覚の酒蔵スイーツ。自然米糀100%の「糀あまさけ」はアミノ酸やビタミンB1、B2、B6など、免疫力を高め、美肌効果もある成分が含まれている女の子に嬉しいドリンクだ。更に、乳製品が苦手な人でも飲める自然米とお水だけでつくった植物原料100%のヨーグルト「まいぐると」もおすすめだ。
picture10
また、毎月第4土曜日(※4月、10月は感謝祭のため除く)は日本酒×スイーツのイベント「スイーツデー」を開催している。糀糖を使ったババロア「にいだのふわとろ」や「糀糖 生キャラメル」など、ここでしか買えない酒蔵スイーツが登場したり、酒蔵見学ツアーが開催されるなど、楽しめること間違いなし!イベントの詳細は仁井田本家のFacebookページを確認しよう。
picture11
心もカラダもキレイに美しくなれる郡山。日本遺産のストーリーを巡る楽しみにプラスして、ぜひ女子力アップ旅も楽しんでいただきたい。この週末、東京から80分で行ける郡山へショートトリップに出掛けてみてはいかがだろうか。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

新潟の絶品グルメを堪能!「魚沼新米こしひかり収穫祭」に行ってきた!
【奄美大島 旅コラム】奄美のコンビニ「エブリワン」がローカルで変わり種多し
国内の人気旅行先・道後温泉 旅を存分に楽しむ5ポイント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。