体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注文を受けて皮から作る焼き餃子

11月30日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、群馬県の名湯と真田一族との関わりを探る旅の中で、渡辺正行さんが訪れた「ゆうみん」(群馬県吾妻郡中之条町)は、手作り餃子とラーメンのお店。

「手作りぎょうざ」は、注文を受けてから皮を作るパリパリもちもちの小ぶりなサイズ。皮から作り始めるのは、包んだままにすると3時間で皮のコシが無くなってしまうためだそうだ。寝かせた生地を切り分け、丁寧に丸く伸ばしてから餡を包む。油を強いた鉄鍋に丁寧に並べて水を入れてから香ばしく焼き上げて完成だ。さっそくいただいた渡辺正行さんは「うん、美味しい!皮がぱりぱりしてて。お父さん、うまいっす」とコメント。「塩味タンメン」はたっぷりの野菜がのったあっさり味のタンメンで、豪快にすすると「うまい」と満足そうに答えた。「ビールが欲しくなるね」といいながら餃子を食べる手を止めず、最後にはビールで乾杯して完食した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ゆうみん(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:東吾妻・中之条・高山のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:東吾妻・中之条・高山×ラーメン・つけ麺のお店一覧
江戸時代の味を楽しむ
シャキシャキとした刻み玉ねぎがアクセントの「とんこつ正油」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。