ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

トム・ホランド、映画『Chaos Walking(原題)』にデイジー・リドリーの相手役として出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tom-holland

ヤングアダルト小説をもとにライオンズゲートが製作する映画『Chaos Walking(原題)』で、スパイダーマン役を演じたトム・ホランドがデイジー・リドリーの相手役として出演交渉中だ。

パトリック・ネスのベストセラー小説を原作とし、ダグ・ライマンが監督する。情報筋によると、リドリー、ホランド、ライマンのスケジュールが多忙すぎるため、いつ製作に入れるか分からず、撮影開始日も決まっていない。

本作はすべての女性が細菌によって死滅し、生き残った者たちは「ノイズ」と呼ばれるイメージ、言葉、音声の流れの中で、お互いの考えが聞こえてしまう世界が舞台となる。

チャーリー・カウフマンとジェイミー・リンデンが前バージョンの脚本を執筆した。ダグ・デイヴィソンとアリソン・シェアマーがプロデュースする。

ホランドは、マーベルと米ソニー・ピクチャーズによる映画『スパイダーマン』の新シリーズで主演し、一躍有名になった。彼は映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にスパイダーマン役として初めて登場し、来年夏に公開予定の映画『Spider-Man: Homecoming(原題)』に単独で主演する。

ホランドは、ザ・ワインスタイン・カンパニーの映画『The Current War(原題)』への出演も決まった。WMEと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。