体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

このままでいいの?日本人〜日本とクロアチア、大切にするもの4つの違い〜

良くも悪くも日本人といろんな点で考え方や物事の捉え方に違いがあるクロアチアの人たち。日々クロアチアで暮らしていて、彼らの意見を聞くたびに「そんな捉え方があるのだ」とハッとさせられることも多々あります。今回はクロアチアの人々から聞いた意見をもとに「このままでいいの?日本人」シリーズクロアチア編をお届けします。

何もしない時間を楽しまない

このままでいいの?日本人シリーズ(クロアチア篇)
「忙しいのは良いこと」「何もしない時間=無駄な時間」という風潮が強い日本。「常に何かをしていないと落ち着かない」「ぼ~っとして過ごすのが苦手。時間を無駄にしている気がする」という方も多いのではないでしょうか。

例えば「クロアチアの美しい海を見て感激している日本人はたくさん見かけるけど、ビーチに腰掛けてのんびりと海を眺めている日本人は滅多に目にしない」「日本人はカフェに来ても、ほんの15分程度、コーヒーを飲み終わったらすぐにいなくなる」なんて声をよく耳にします。

何を隠そう、筆者もかつてはそうでした。「海を見てぼ~っとしている時間があるなら、時間を有効活用して何かしたい」と考え、常に何かに追われているような感覚に囚われていたのです。

「今日はせっかくの休みなのに、何もしなかった・・・。先週の休みもこうだったのに」と溜息をついて本気で落ち込んでいた筆者に、クロアチアの友人たちはよく笑って「何もしない時間が無駄だなんて、おかしなことを言うね。何もしない時間こそ、普段忙しい人には必要なんだよ」と言いました。

最初の頃は「のんびり屋でお気楽なクロアチアの人たちには、どうせわからないんだろう!」と、心の中で腹を立てていたのですが、今ではその言葉の意味がわかるようになった気がします。

「何もしない時間は無駄」「有意義な時間を過ごすべき」という強迫観念を捨て、何もしない時間、非生産的な時間を意識して設け、楽しめるようになってから、以前よりも心に余裕が持てるようになりました。

いつも忙しい

このままでいいの?日本人シリーズ(クロアチア篇)
「ビーチに腰掛けて海をぼ~っと眺めている日本人をあまり目にしない」という意見と共によく耳にするのが「日本人は旅に来ても忙しそうだ。今朝この町に来たと思ったら、お昼には次の町へと消えてしまう。バカンス中にまで時間に追われていて、とても忙しそうだ」という意見。

海外で不思議がられる日本人観光客の旅5選〜日本人はまるで妖精みたい!?〜」でも、あっという間にいなくなってしまう日本人観光客を妖精みたいと言う意見がありました。

忙しいのは決して悪い事ではありませんが、ONの日もOFFの日も、常に時間に追われるように過ごしているというのは、ひょっとすると考えものかもしれません。たまにはのんびり、立ち止まってみることで、いつも気づかないうちに見落としていた大切なもの、素敵なものが見つかるかもしれませんよ。

■あわせて読みたい

このままでいいの?日本人〜日本とフランスの休暇、4つの違い〜
このままでいいの?日本人 〜日本とイギリスの働き方、休み方〜
このままでいいの?日本人〜スーパーに行くためにNO残業デーにするスイス〜
このままでいいの?日本人〜ドイツより長時間働くのに生産性が低い日本〜

家族と時間を過ごさない

このままでいいの?日本人シリーズ(クロアチア篇)
「日本では、実家に帰省するのは1年に1回、お正月だけという人もいる」「“便りがないのは良い便り”という言葉もあるように、親に全く連絡をしない息子さんや娘さんも珍しくない」というような話をすると、多くのクロアチア人は「信じられない!」「どうして?家族なのに!?」と、すごく驚きます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。