体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠中の安定期はいつ頃から? 過ごし方や起こりやすいトラブル

妊娠中の安定期はいつ頃から? 過ごし方や起こりやすいトラブル
妊娠して現れる初期症状やつわりなどが終わる頃はいわゆる「安定期」と呼ばれる時期に入る頃です。

この安定期、名前のイメージからするとなんだかとても安心できそうな気がしますが…。実は安定期だからといって気を抜きすぎるのも危険なんです。

そんな安定期のあれこれをまとめました。

要チェック項目

□安定期は16週0日~27週6日(妊娠5カ月~7カ月)の妊娠中期の期間

□体調が安定し無理のない範囲でマタニティライフが楽しめる

□安定期でも場合によってはさまざまなトラブルが起こる可能性も…

妊娠中の安定期はいつからいつまで?

妊娠中の16週0日~27週6日の妊娠中期の期間を一般的に安定期と呼んでいます。ちょうど妊娠5カ月~7カ月の間です。子宮内で胎盤が完成することで、流産の危険性も減り、つわり症状が治まることが多いので安定期と呼ばれるようです。

この期間に入ると流産の危険性が減ることもあり、安定期を待ってから周囲に妊娠を告げるという人も多いようです。

とはいえ、つわり症状などが続く方も中にはおりますし、体調には個人差があるものです。つらい諸症状が落ち着き、心身共に安定したと感じられるのがその人にとっての安定期ということになるでしょう。

妊娠安定期に入るとどうなるの?

安定期に入ると、妊婦さんの身体の状態はどのようになるのでしょうか?

安定期の状態例

・流産の可能性が少なくなる

・つわりが終わる

・ホルモンバランスが安定することで気持ちも落ち着く

・体調が安定することで活動的になれる

・胎動を感じたりすることで赤ちゃんの実感がわく

このように、落ち着いたマタニティライフが過ごせるようになると安定期に入ったと感じられるでしょう。

また、この頃から徐々におなかのふくらみも目立ってきます。そして赤ちゃんの初めての胎動を感じられるのもこの頃です。おなかの中でぽこぽこと動くのを感じられるのは、初めての感動かもしれないですね。

安定期の頃になるとそれまで2週間ごとだった妊婦健診は4週間ごとになるでしょう。またこの頃のエコー検査ではもしかしたら赤ちゃんの性別が分かるかもしれません。健診が楽しみになりますね。

妊娠安定期にはどう過ごす?

妊娠中の安定期はいつ頃から? 過ごし方や起こりやすいトラブル
このように穏やかに過ごせる安定期。この期間にはどのように過ごすのがいいでしょうか。

一般的には体調が安定してきますので、無理のない範囲で好きなことができます。

過ごし方例

・旅行(あまり負担にならなければ海外旅行もありです。その際は医師に相談しましょう)

・マタニティ向けの運動(ウォーキングやマタニティヨガ、スイミングなど)

・ゆっくりランチなど自分の時間を楽しむ

・出産準備(出産用品の準備や赤ちゃんのお世話の勉強など)

・虫歯の治療や美容院などやるべきことを済ませておく

妊娠後期にはおなかが大きくなり、トラブルも出やすいです。また出産してしまうと、赤ちゃんのお世話で大変になります。自由時間も減りますし、外出なども難しくなってしまいます。ですからこの安定期のうちにできることを楽しめるといいでしょう。

ただしよく注意してほしいのは、無理は厳禁だということ。安定期だからと言って何をしても大丈夫だというわけではありません。

もちろん流産やトラブルなどのリスクもありますし、身体に負担をかけすぎると妊婦さんにも良くありません。身体を大事にすることを怠らないようにしましょう。

妊娠安定期に注意すべきこと

無理は厳禁だと述べましたが、他にも安定期に注意したいことがあります。

体重管理

つわりが終わり、食欲が増してくるのもこの時期です。これまで食べられなかった分の反動もあって、あれこれと食べたくなるのもわかりますが、食べ過ぎには気を付けましょう。

妊娠中の体重増加量は医師から指導があると思いますのでそれを守るよう注意しましょう。あまり過剰に体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や難産などのリスクが発症することもあります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。