体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の伝統が息づくシルクの組紐ストラップ


アルティザン・アンド・アーティストの「シルクストラップ」から、新シリーズとなる「ハンドストラップ(ACAM-311N)」と「ネックストラップ(ACAM-312N)」が11月30日(水)に登場。

日本で古くから愛用されるシルクの組紐を使用したストラップで、アート性と機能性を併せ持つ一品。

四角く組まれた平唐(ひらから)組を使った「ハンドストラップ(ACAM-311N)」(税別1万1000円)は、ストレートに持っても、ねじって持っても手にジャストフィット。伸縮性があり、丸紐と違う面白い手触りが感じられる仕上がりに。カラーはブラックとレッドを展開。

「ネックストラップ(ACAM-312N)」(税別1万9000円)は、馬の口にくつわをはめるための装具・おもがいに使われる綾竹(あやたけ)組を採用。黒から赤への変化を絶妙なグラデーションで表現した美しい綾竹組は、見る者を魅了する。首への負担を減らし肌触りをよくするために細かい平織りにしている。カラーはブラック×レッドを展開。

長く使えそうな美しいストラップをぜひ使ってみたい。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会