ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【プロ漫画家デビュー出来るかな】web漫画を描いてkindle(キンドル)電子書籍にチャレンジしてみる事にしました!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
15281175_1276132672450940_1444833084_n

まさかの続々編!【プロ漫画家デビュー出来るかな】web漫画を描いてプロ漫画家になれる「かもしれない」方法とは……?

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描きのFURUです。 最近資格ゲッター始めました。

FURUの部屋
http://furu-yan.jimdo.com/[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「サラリーマン兼漫画描き」と自称してはいるものの、その実態は、月刊「I/O」誌では文章メイン+4コマ漫画1本、本誌「ガジェット通信」では、漫画家としては全く認識されておらず、“自腹系ガジェット紹介ライター”として拙稿を載せて頂いており、本業のサラリーマンのかたわら、ほそぼそと糊口をしのいでおります。

そんなこんなで、電子工作雑誌にてデビューしてから、現在のPC誌・webマガジン誌での執筆に至るまで、かれこれ30年近く経った訳ですが、ある日突然、

「ちゃんとプロ漫画家としてデビューして、一生に一度はマンガ雑誌に描いてみたーい!」

……と無性に思うようになりました。チャレンジするのは今かしかないのでは……と。

そういうわけで、プロ漫画家としてデビューして、マンガ雑誌に描いてみる事が出来るかどうかチャレンジしてみる事にしました!

【プロ漫画家デビュー出来るかな】一生に一度はマンガ雑誌に描いてみたーい!漫画雑誌の漫画家募集欄に応募してみました!
http://getnews.jp/archives/1471507[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

マンガ雑誌に載りたいー!でも応募の為の新しい原稿を描くのは大変!どうしよう・・・?

普通、一般のマンガ雑誌で、漫画家としてデビューする為には、新人賞などの応募の為の漫画を、新たに執筆する必要があります。しかし、各漫画雑誌の為の新人賞用の原稿を、イチから描いて送るのはタイヘンです。

実は、web漫画雑誌・漫画家募集サイトの中には、「既存の原稿」を送るだけで、選考をしてくれる所が結構あります。早速、これらのサイトに、自分の過去の作品を送ってみる事にしました。はたしてその結果は……!

この度は、◎◎にご応募頂き、有難うございます。厳正なる審査の結果、お送りいただいた作品は選外となります。
以下編集部からのコメントです。
「ご応募ありがとうございます。流石に経歴は長いだけあって、イラストも達者で安心して読めました。
ただ、絵柄にも流行というものがあり、率直にいうと、FURUさんの絵は少し前の時代の絵柄です。
漫画雑誌の連載を目指すのであれば、今流行している絵柄を研究して絵柄を変えるか、もしくは専門知識がお有りな様なので、原作者の道を考えてみて下さい。」

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373134

「ぶーっ!」

……分かっていたとは言え、壮絶な討ち死にとなりました。もう、プロ漫画家への夢を諦めるしかないのでしょうか……?

諦めるのはまだ早い!web漫画を描いてクラウドファンディングにチャレンジ?これからの漫画家の新しいカタチ!

……そんな中、「すぐにプロ漫画家としてデビュー出来るわけではないけれど、これからの漫画家の新しいカタチ」をご提案頂いた漫画エージェントの会社がありました。

「スマホ特化型漫画を描いて、クラウドファンディングにチャレンジしてみませんか?」

ご提案を頂いたのは、日・韓を拠点とする漫画企画制作・翻訳会社(漫画エージェント)「株式会社ストーリーボックス」様です。

株式会社ストーリーボックス
http://storybox.jp/[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「漫画エージェント」とは・・・?スマホ特化型漫画のマネージメントや編集、プロデュースを行い、クラウドファンディングを行った際には、成功時の成功報酬の一部、作品がメディアの連載を勝ち取った際には、その原稿料や印税の一部を得る、という仕組みです。

今回、具体的に、下記内容のご提案を頂きました。

・スマホ特化型漫画を新たに作成して、複数漫画投稿サイトに掲載して、露出を高め、注目を集める
・継続的に原稿を蓄積して、メディアでの連載、または執筆資金調達の為のクラウドファンディングの元とする

なんだか面白そうなので、今回、この提案に乗ってみる事に決めました。
そして更に、自分で頑張る為に、目標設定も行う事としました。

・出来ればどこかのメディアで漫画連載を勝ち取りたい。
・1冊くらいは本(電子書籍でも可)を出したい。
・連載を勝ち取れなくてもクラウドファンディングで支援を得て、漫画製作費を稼ぎたい。

さて、早速、「株式会社ストーリーボックス」様御指導の元、「スマホ特化型漫画」を作成する事になりましたが・・・。

【プロ漫画家デビュー出来るかな】web漫画を描いてクラウドファンディングにチャレンジしてみる事にしました!
http://getnews.jp/archives/1506533[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

試行錯誤しながら、なんとか漫画を描き上げました!

web漫画を描いてプロ漫画家デビュー出来るかな?web漫画公開開始!

『でじ@おた!〜サラリーマンの僕がいきなり過去の電子ヲタ(しかも女子)に出会った結果〜』

digiota

今回、

・スマホ特化型漫画を新たに作成して、複数漫画投稿サイトに掲載して、露出を高め、注目を集める

為に、自分自身のホームページへの掲載のほか、以下のサイトに1話8ページを10話分、連載漫画を順次公開をする事と致しました。

あしたのヤングジャンプ
http://ashitano.tonarinoyj.jp/series/FlR8CfEIWlo[リンク]

少年ジャンプルーキー
http://rookie.shonenjump.com/series/FlR8CfEIWmk[リンク]

マンガボックスインディーズ
https://www-indies.mangabox.me/episode/66359/[リンク]

マンガハック
http://mangahack.com/comic/show/3976[リンク]

COMICO
http://www.comico.jp/challenge/articleList.nhn?titleNo=17753[リンク]

マンガゲット
http://mang.jp/story/82446[リンク]

投稿MAVO
http://toko.takekuma.jp/viewer.php?mangaid=318[リンク]

アルファポリス
http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/629072105/[リンク]

note
https://note.mu/furuyan/n/nb57608a0473d/[リンク]

ニコニコ静画
http://seiga.nicovideo.jp/comic/22899?track=verticalwatch_cminfo3[リンク]

マンガごっちゃ
https://mangag.com/products/detail.php?product_id=30028[リンク]

6-3

そんな中、この度、「でじ@おた!」が、漫画投稿サイトCOMICAWA(コミカワ)にて、「エール」を受賞致しました!

COMICAWA(コミカワ)/『コミカワ』はオリジナルコミック作品が無料で読み放題!さらにユーザーもマンガを投稿・発表できる投稿プラットフォームです。
https://comicawa.com/[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

https://comicawa.com/Info[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

さあ、なんとか10話分のマンガを描き終わりました。これからどうしましょう?

kindle電子書籍宣伝用のPV(プロモーションビデオ)を作成して拡散しよう!

kindle電子書籍宣伝用のPV(プロモーションビデオ)を制作しませんか?

「株式会社ストーリーボックス」様より、新たな提案がありました。
なんでも、電子書籍宣伝用のPV(プロモーションビデオ)を作ってSNSで拡散すると、より効果的なのだとか。
面白そうなのでその動画も、自分で作ってみることにしました。

しかし、よく考えてみれば手元には、満足な動画編集ソフトがありません。
いわゆる、動画を編集するだけならば、無料配布されている、Windows Live ムービー メーカーでも必要十分なんでしょうが、

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/14220/windows-movie-maker-download[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

今回、動画の素材として漫画のコマ(静止画)を使い、自動的にPV(プロモーションビデオ)っぽい動画を作りたいので、そういった機能があるソフトを、いろいろと探してみたのですが、意外と見つかりません。もし有ったとしても、値段も高いものが多い様です。

そんな中、あるwebサイトで、面白い動画編集webサービスを見つけました。

Kizoa: 動画編集を無料で簡単に!
http://www.kizoa.jp/[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Kizoa – Video und Movie Maker
https://youtu.be/9Gym4Lr7b6k[リンク]

Kizoaは、web画面上で動画編集・スライドショー作成を行う事が出来るサービスです。

動画編集・スライドショー作成
写真や動画、音楽を織り交ぜて
数十種類のテンプレートを使って、
オリジナル動画やスライドショーを作成。
自由にカスタマイズしていただけます。
作品を彩る100種類以上のアイテムをご用意しています。

コラージュ
デジタルスクラップをコラージュ機能で
数100種類のテンプレート
自由にカスタマイズしていただけます。
コラージュを彩る100種類以上のアイテムをご用意しています。

写真の加工修正
1クリックで、プロ並み加工!
数100種類のフィルターやフレームを使って
写真をおしゃれに!

クラウドとして
大切な写真、動画、音楽の管理ツールとして
安全なサーバーでマルチバックアップ
有料会員の方は、容量無制限の保管スペースをご利用いただけます!

画面の指示に従い、マンガのコマを配置して、カッコいいテンプレートを選択して動画を作成してみると…。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

こんなカッコいい動画が完成してしまいました!

『でじ@おた!〜サラリーマンの僕がいきなり過去の電子ヲタ(しかも女子)に出会った結果〜』PV
https://youtu.be/Be5EZDM90zI[リンク]

Kizoaのサービスは、無料でも楽しむことが出来ますが、無期限プレミアム会員になると更に高画質、長時間の動画を作って楽しむ事が可能です。

http://www.kizoa.jp/premium#[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

さあ、これで準備は整いました!いよいよ「でじ@おた!」kindle電子書籍、公開です!

いよいよ「でじ@おた!」kindle電子書籍公開開始!

最後にカラー原稿となる表紙を描き下ろしました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

吹き出し文字の最終校正を行い、その後、kindle用への漫画データの変換、amazonへの漫画データのアップロードなどは、「株式会社ストーリーボックス」様に行っていただく事としました。
「kindle原稿データアップロード完了」の連絡が有った翌日、amazonで、書名や筆者名から検索してみたら…。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ありました!ジャーン!

http://amzn.to/2fvqJoG[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 25863 KB
同時に利用できる端末数: 無制限
出版社: 株式会社ストーリーボックス; 2版 (2016/11/27)
販売: Amazon Services International, Inc.
言語: 日本語
ASIN: B01NBDW7IG

巻末に描き下ろし おまけ漫画あります!

ついにkindle電子書籍が完成しました!

更に今回、下記のサイトでも電子書籍を公開中です!
こちらも宜しくお願い致します!( `・∀・´)ノヨロシク
※その他ストア配信も、随時追加予定です。

BCCKS
http://bccks.jp/bcck/147589/info[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3


プレスリリースも出ました!

ValuePress/画家志望サラリーマンと漫画エージェント、たった2人で漫画を連載→単行本を本日刊行
https://www.value-press.com/pressrelease/174295[リンク]

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

今回、作品を公開したところ、コメントが即座にサイトやSNSから届きました。これもネット時代ならではですね!

続編もお楽しみに!

※本記事の内容は、あくまでも筆者の体験、調査に基づくものであり、筆者及び編集部はそのサービスや内容を保障するものではありません。
※本記事の執筆に当たっては、「株式会社ストーリーボックス」様に執筆の連絡を行っております。
※本記事の執筆に当たっては、「Kizoa」様に執筆の連絡を行っております。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/(筆者自筆)[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。