ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光をつけると完成する、ファンタジーな「動物ランプ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。

なんだかとてもファンタジーですね。

このように、羽を広げたクジャクになるんです!

こちらは、鹿の顔。ライトをつけると、立派な角が現れます。

ヒントを得たのは
「仕掛け絵本」

このユニークな照明「POP UP LIGHTING」を作ったのは、イスラエルのデザイナーChen Bikovskiさん。ポップアップという名前の通り、そのインスピレーションは仕掛け絵本から得たそうです。

「子どもの頃、私は仕掛け絵本に夢中でした。ページをめくる瞬間のあの興奮。紙でできたレバーを引くだけで、まったく新しい世界が広がるのです。私は、物語が命を得て、紙面からファンタジーの世界が飛び出す瞬間が本当に大好きだったんです」

スイッチひとつで動物が浮かび上がる様は、確かに飛び出す絵本を思い出しますね。シンプルなデザインだからこそ、想像力をかきたてます。

スイッチを入れるだけで、まるで魔法のように美しい動物の姿が浮かび上がるこの作品、素材は素朴なボール紙と洗練されたアルミの2種類。カラーバリエーションも豊富で、無地以外にもアメリカの国旗柄からFacebookのロゴ入り(!)まで、じつにさまざま。

ボール紙版は90ドル(約10,000円)、アルミ版は290ドル(約32,000円)。公式ホームページからは日本にも発送してくれるようなので、お部屋にちょっとした遊び心が欲しい人は、いかが?Licensed material used with permission by Popup Lighting

関連記事リンク(外部サイト)

日本の「ORIGAMI」をヒントにした、動物ランプ
家具と調和する「エアロバイク」を追求した結果・・・
【未来のインテリア】スピルリナが増殖する照明器具がスゴい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP