ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京で踊るように生きていく。女でも、ひとりでも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

控えめで、男性に従順――。

日本の古い映画に出てくる女性に、そんなイメージを持っている人もいるかもしれません。

でも意外にも、日本映画の黄金時代を築いたヒロインたちは、超アグレッシブでした。

東京で踊るように生きていく

日活100周年邦画クラシック GREAT20 月曜日のユカ HDリマスター版 [DVD]

日活100周年邦画クラシック GREAT20 月曜日のユカ HDリマスター版 [DVD]

1,480円

購入する

『月曜日のユカ』(1964)

監督:中平康 主演:加賀まりこ

いま観ても新しさを感じる映像と編集のオンパレード。

女性の職業が限られていた当時、ユカはナイトクラブでの収入と、自分の身体を売って稼いだお金で生計を立てているのですが、その描き方が多面的です。

楽観的で、前向きで、でもその状態に葛藤していたりもする。そして、まっすぐな愛と孤独の間をいったりきたり…。

そんなユカの不器用な生き方を、ただ魅力的なだけに描かないことで、女性と社会の関係や、女性が日ごろおさえつけている気持ちについて、問いを投げかけている気がします。

彼女が、日々のさまざまなできごとと折り合いをつけにくいのは、もしかしたら社会の「受け皿」が足りないのかも。ユカがあげる悲痛な叫びに、そんなことを感じました。

でもユカは、だれがどうなっても、この東京で踊るように生きていく。

「普遍的な日本の女性像はヤマトナデシコだ」なんて未だに聞くけど、当時大人気だった加賀まりこさんが、この作品で創り上げたヒマワリみたいなユカの方が、私にとっては共感できる人物のひとりです。

パーフェクトじゃなくてもいい

夫婦善哉 [DVD]

夫婦善哉 [DVD]

4,860円

購入する

『夫婦善哉』(1955)

監督:豊田四郎 主演:淡島千景

ヒロイン・蝶子とヒーロー・柳吉の、どこか現代的なやりとりが魅力の作品。全体に漂うちょっとおバカな空気感は、洋画のコメディを思わせる部分もあります。

淡島千景さん演じる蝶子は、化粧品問屋の放蕩息子・柳吉と恋に落ちます。しかし柳吉は妻子ある身、一方で蝶子は売れっ子の芸者。まともに家の仕事をしないばかりか、そんな「道外れた」恋に落ちた柳吉は、実家から勘当されてしまいます。

柳吉は正直「ろくでもない男」なんですが、蝶子はそんな彼への想いを捨てきれず。自分をバカだバカだ、と思いながらも、なんとかふたりで生きていくため、ずーっと走りまわり続けます。そのパワフルさたるや、3歩後ろを歩く女性像ではなく、男性の30歩先を歩いているような頼もしい姿。

でもしっかり者の彼女が、柳吉の前でだけ見せる甘えた顔や、少女のようなおてんばさには、ふたりだけがわかる、特別な絆がうかがえます。

ときどき「なんでこんな相手と恋愛してるんだろう…」と思うときがあります。でもそれが、60年以上前の女性とわかち合えちゃうなんてびっくり。

パーフェクトな男性と出会っても、自分の心が動くとは限らない。これは、「いい恋愛」ではないのかもしれないけど、「パーフェクトな相手を探さなきゃ」という肩の力をふっと抜いてくれる、かわいくてユルい映画です。

「世間の常識」に流されない生き方

女が階段を上る時 [DVD]

女が階段を上る時 [DVD]

4,763円

購入する

『女が階段を上る時』(1960)

監督:成瀬巳喜男 主演:高峰秀子

モダンなセットやお洒落な音楽、ユーモアに満ちたストーリーテリングに新しさを感じる作品です。

高峰秀子さん演じる、銀座のバーのママの姿を通して、女性と仕事と結婚というテーマを描いています。注目は、ヒロインの圭子がびっくりするほど「世間の常識」に流されないところ。

とはいえ、単に強い女性なのではなくて、つらい思いを必死に隠したり、家族の前では自分の感情がコントロールができなくなったりと、生身の人間の魅力にあふれています。

現実から逃げたくなって「このへんで手を打とうか」とも思うのですが、それでも彼女は、「自分が本当は何をしたいのか」、その心の声を素直に聞くことにします。

洋画に出てくる強い女性は、かっこいいけど、どこか自分とは切り離されたファンタジーのようにも感じます。でも、日本語で喋る圭子は、「私も彼女のように、自分の気持ちを大事にしていいのかもしれない」と思わせてくれます。

ちなみに、白黒映画に慣れてない人は、まずは日本語字幕付きで観るのがおすすめ。音声が聞き取りにくい、というストレスもなくなるし、登場人物たちの豊かなセリフまわしにワクワクします。

慣れてきたら字幕なしで、よりディープに作品の世界に浸るのが、私の至福の時間です。

■ あわせて読みたい

・『プラダを着た悪魔』について初めて語った。アナとプラダの友情に憧れる
・40歳なのに26歳と偽って再就職した理由
・上映中の映画を家で観られる。うれしい! #だら活
・『ティファニーで朝食を』はなぜ生まれたの?
・コスプレなんかじゃもの足りない。どうせなら本気のハロウィン
・恋の始め方忘れた! ブリジットと一緒に恋を疑似体験してみる
・「好きなものは好き」と言いきる強さ。メリル・ストリープに聞いてきた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP