ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成田空港には、ただまっすぐな一本道の「秘密の地下道」がある。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どこかへ旅をするために訪れる成田国際空港(以下、成田空港)。その成田空港に、知られざる地下道があることをご存じでしょうか。秘密のお散歩コースともいうべきこの地下道は、京成東成田駅と第2ターミナルをつなぐ連絡通路。本当に秘密の道なわけではなく、誰でも行き来することができます。成田空港内にこんな場所があったとは、というこの地下道をご案内します。成田空港で「寝る」には?大崎駅から成田空港まで500円で行く方法東京駅と成田空港を結ぶ「LCCバス」とは?

地下道への入り口は第2ターミナル地下1階

第2ターミナルの地下1階。JR線と京成線の空港第2ビル駅のあるフロアに、その入り口はあります。

入り口には警備のおまわりさんが常駐。

シンプルな経路図の示す通り、中に入ると一か所曲がり角があるだけで、あとはただただまっすぐな一本道。この何もない地下道に冒険心が相当くすぐられます。

ずっとこんな道が続き、途中にまた経路図。前には巡回中らしき人影、後ろはだれもいません。今回訪れた時間は、休日の午後。この風景からは日常的に誰もいない通路なのではと思ってしまうような道ですが、空港で働く方々の利用もわりあいに多くあり、時間帯によっては頻繁に通行があります。そのほか、巡回しているおまわりさんまた、日中でも巡回しているおまわりさんとすれ違うことはしばしば。

ところどころ残っているポスターがわずかな彩りを添えるこの通路。はじめてにして唯一のイベントと言っても過言ではない曲がり角を曲がっても、ただひたすら地下道です。

20分ほど歩くとお散歩コースの目的地「東成田駅」が見えてきました!


500メートル歩ききって到達した東成田駅

到達した先に待っているのは廃墟感たっぷりのこんな風景。じつはこの東成田駅、この雰囲気から廃墟好きや鉄道好きから人気を集めている駅でもあります。駅構内のエレベータは停止され、電車の運行も1時間に1〜3本という省エネ営業ですが、東成田駅はいまも芝山成田線のひとつの駅。現役で営業しています。

ちなみに、この駅舎の横の施設に警察犬の施設があって、東成田駅をぶらぶらしていると、警察犬とハンドラーのみなさんに遭遇することがあります。今回もお仕事中のシェパードがいました。凛々しくもかわいい姿だったのですが、お仕事の邪魔をしないように写真は断念。

帰り道

東成田駅に到着してからターミナルに戻るには、「同じ道を引き返す」、「地上に出てターミナル間のシャトルバスを使う」、「地上に出て徒歩でターミナルに向かう」、「東成田駅から電車に乗って成田駅経由で空港駅に行く」という選択肢があります。

個人的には同じ道を戻るのはあまり気が進まないので、地上を徒歩で移動するかシャトルバスを利用することが多いです。

電車利用で、冒険感プラス

さらなる冒険や、電車に乗る!という楽しみをプラスすることができるので、電車という選択肢も少なからず魅力的。

電車の場合、東成田駅から各ターミナルの空港駅には連絡していないので、一度京成線で空港を出て成田駅へ向かい、空港行の電車に乗り換えて戻ってくることになります。乗り換え時間含め、40分前後の行程で、JR線を使わず、京成線だけを使えば300円ほどで行き来することが可能です。

東成田駅のホームも期待を外さない雰囲気をたたえています。

楽しい成田空港内散歩

成田空港からどこかへ旅立つ際、待ち時間を持て余すことは少なくありません。ターミナル内の施設も充実していますが、これからの旅路に備えて、運動がてら空港内のお散歩をしてみるのも、新しい暇つぶしのひとつとしてどうでしょうか。今回ご紹介した連絡通路や東成田駅は、ただこの場所を訪れるためだけに空港に来る人もいるほどの隠れた魅力スポット。飛行機に乗るためだけの場所ではない。成田空港のちょっと変わった魅力発見のおすすめお散歩コースです。

もっと歩こう成田空港〜ナリタニストロード〜

LCC航空の利用増加にともなって、第3ターミナルの利用もますます増えています。第3ターミナルには、第2ターミナルからシャトルバスを利用することもできますが、徒歩で移動するかたも少なくありません。そんなみなさんにはすでにお馴染みの通路になっているナリタニストロード。第2ターミナルと第3ターミナルをつなぐこのアクセス通路には、成田空港から行くことのできる都市の写真が次々に飾られています。その数は約80枚。訪れたことのある都市の写真を見つけたり、次はここへ行ってみたいという旅心をくすぐられたり、第3ターミナルまでの630mの距離を、旅行気分を高めながら進んで行くことができる、こちらもまたオススメのお散歩コースです。ナリタニストの記事はこちら

成田空港とわたし

急峻な山々に囲まれた長野で、飛行機文化からはかけ離れた生活をしていたため、空港という施設自体が物珍しく、どこかへ飛び立つわけでもなく、お仕事で行くわけでもなく、ただ空港を訪れて探検しています。成田空港の広さは空港敷地面積1,000ヘクタール超と想像もつかない大きさです。東京ドーム換算で約201個、東京駅換算だと約56個・・・考えても考えても、ただ大きいということがわかるいっぽう。バスで行ってみたり、電車で行ってみたり、車、自転車、徒歩。と、様々な交通手段でアクセスしては、空港内外をぐるぐるまわって、時にはその広さに泣きそうになることも。新しい魅力を発見して、またお伝えしたいと思います。成田空港には、ただまっすぐな一本道の「秘密の地下道」がある。

関連記事リンク(外部サイト)

本物の流れ星と連動!日本橋「福徳の森」の体験型イルミネーションとは?
サツマイモが神様!?埼玉の「多聞院」「神明社」にはちょっと変わったモノが溢れてる
「ニューバランス原宿」にカフェが!?オシャレで穴場なスポットに潜入!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP