体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

完全保存版!沖縄旅行に行きたい人の離島まとめ

皆さん沖縄の離島っていくつくらいあるかご存知ですか?宮古島や石垣島のように大きくて有名な島もありますが、名前も聞いたことないような小さな島もたくさんあります。沖縄には約160の島が存在し、そのうち人が住んでいる島は44あるそうです。

今回は沖縄の有人離島を全て紹介したいと思います!

 

宮古島(みやこじま)

miyako

photo by PIXTA

宮古島へは飛行機でアクセスが可能です。那覇空港からだけではなく、羽田空港から直行便も出ています。数年前まではフェリーでのアクセスが可能でしたが、現在は宮古島行きのフェリーは運航していないようです。年間平均気温は23℃と沖縄本島よりもやや高め。

そして宮古島は沖縄の中でもハブがいない島として有名です。

 

池間島(いけまじま)

ikema

photo by PIXTA

池間島は宮古島から北西1.5kmのところに位置します。宮古島からは池間大橋という全長1,425mの橋を渡ってアクセスすることが可能です。池間島には美しいビーチもたくさんあり、シュノーケリングなどのマリンアクティビティも楽しめます。

アラシッスゥヒダビーチではニモでお馴染みのクマノミにも会えるそう!

 

大神島(おおがみじま)

ookami

photo by PIXTA

大神島は宮古島から4kmほどのところに位置します。宮古島からは定期船が出ています。片道運賃は大人350円。所要時間は15分程度です。大神島は名前の通り「神様がいる」「神様に愛された島」と言われてきました。

聖域(パワースポット)と呼ばれる場所が多く存在し、立ち入り禁止区域やルールも多々あります。もちろん沖縄離島らしく海遊びも出来ます!

 

来間島(くりまじま)

kurima

photo by PIXTA

来間島は宮古島から南西1.5kmのところに位置します。こちらも宮古島から来間大橋という全長1,690mの渡ってアクセスが可能です。来間島ではマンゴー作りが盛んなのでマンゴーを使ったスイーツなどが堪能出来ます。

また、3階建てになっている竜宮城展望台も有名で、3階から見る海の眺めは別格だそうです。

 

伊良部島(いらぶじま)

irabu

photo by PIXTA

伊良部島は宮古島から東西5kmのところに位置します。2015年1月31日に宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの伊良部大橋が開通したことで話題を呼んでいます。テレビなどでもよく特集されたりしているので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

ダイバーにも人気な伊良部島は自然が作り出した複雑な地形が楽しめます。

 

下地島(しもじじま)

simoji

photo by PIXTA

下地島は上記で紹介した伊良部島経由で車で渡ることが可能です。この下地島で一番有名なスポットは「通り池」。日本のブルーホールとも言われています。サーモクラインという水温の違う水同士がぶつかり合って出来る境界面があり、緑色と青色がくっきり分かれているのです。

その神秘的な光景が見たくて訪れるダイバーも多いそう。ちなみに通り池でのダイビングは上級者向けであり、体験ダイビングなどは行っていないそうなのでご注意を。

 

多良間島(たらまじま)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by PIXTA

多良間島は宮古諸島の最南端で、宮古島と石垣島の中間地点に位置します。宮古島からは飛行機で約25分。フェリーで2時間程度でアクセスが可能です。年間を通して観光客がそれほどいませんが、それがこの島の魅力。

時間はゆっくり流れていて、沖縄らしさを満喫出来ます。自然豊かで御嶽やフクギ並木なども見どころです。

 

水納島(みんなしま・みんなじま)

minnnajima
photo by PIXTA

沖縄には水納島が2つあります。こちらで紹介するのは宮古諸島の水納島です。多良間島から船でアクセスが可能ですが、定期船は運航していません。

なんとこちらの水納島は宮国さんというご家族しか在住していないため、宮国さんにチャーター船で迎えに来てもらう方法か、ツアーに参加するしか島に渡る方法がないのです。

何にもない静かな島で、綺麗な海に癒されてみてはいかがでしょうか?

1 2 3 4 5 6次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。