ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マカオにエッフェル塔がついに建つ。ホテル「ザ・パリジャン・マカオ」が豪華すぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エッフェル塔といえばフランス・パリのシンボルですが、実は日本から飛行機で5時間ほどで着くマカオでも本物エッフェル塔に登った気分が味わえるホテルがあるのをご存知ですか? その名も「ザ・パリジャン・マカオ」! 今回はパリジャン・マカオの魅力をみなさんにご紹介します。

2016年9月にグランドオープン「ザ・パリジャン・マカオ」

カジノのイメージが強いマカオですが、アジア1のエンターテイメントシティとして統合型リゾートの新規開業が相次ぎ、発展を続けていることをご存知でしたか? そんなマカオ成長のシンボルのような存在が、今年の9月にグランドオープンを果たした「ザ・パリジャン・マカオ」なのです。パリジャン・マカオは同じ系列の「ザ・ベネチアン・マカオ」というベネチア風のホテルに続いて建てられました。

実際に入ってみましょう

いざ中に入ってみると、とにかくびっくりするのが受付の豪華さ! 長い廊下の脇に所狭しと絵が並んでいるつくりに、思わずルーヴル美術館やオルセー美術館を思い出してしまいました。日本のホテルとは違う、これでもかとばかりの豪華さに圧倒されました。パリジャン・マカオには、エッフェル塔をはじめとして凱旋門、コンコルド広場の噴水、モンテーニュ通り、シャンゼリゼ通り、ヴァンドーム広場など、パリの有名な建築物を模したものが数多く存在し、ひとつのホテルに泊まるだけでパリを回ったかのような贅沢が味わえます。

実はファミリーにピッタリ! パリジャン・マカオのお部屋

今回、他にもいくつかのタイプのお部屋を見たのですが、その中でも特に素敵だったのがこちら!ファミリータイプのお部屋です。普通のお部屋ももちろん素敵だったのですが、パリジャン・マカオは実はファミリー向けのおもてなしに力を入れていて、このように子供用のベッドやおもちゃがありました。このようなタイプのお部屋は初めて見たのでとても新鮮。また、部屋の中にもエッフェル塔の絵があることで部屋の中にいながらパリ気分が味わえる気遣いもあり、部屋にいるだけで楽しくなりそうな内装です。お部屋からもエッフェル塔が見えました!

プールにゲームセンターも!

また、お部屋だけでなく、大人も子供も一緒に楽しめるゲームセンターやプールも完備。大人向けのプールとは別に、子供が楽しめる「アクアワールド」というプールと、「キューブキングダム」というゲームセンターが用意されています。子供のために過激すぎないアトラクションなどが用意されているので、安心してお子様を遊ばせることができます。私が行ったのは10月末でしたがまだ気温が30度近くもあったため、プールで遊んでいる方がいて羨ましかったです……! 日本の寒さが嫌な方にはうってつけです!

もちろんショッピングも

大人向けにショッピングもできます。こちらはパリのサントノレ通りをイメージして作られています。天井は常に青空。実際にパリにいるかのような気分になりました!

やっぱり気になるエッフェル塔!

せっかくパリジャン・マカオに来たらやはりエッフェル塔に登らなければもったいない! ホテルのエントランスにそびえ立つエッフェル塔は、実際の2分の1の大きさですが、その迫力は本物にも引けを取りません。ふたつの展望台からは、中国本土を見晴らす眺望とコタイ地区の素敵な眺めを楽しめます。マカオの新たなランドマークとして大人気になることは間違いなさそうです。実際私が登った際も、平日だというのにお客さんがひっきりなしに入って行きました。また、夜は常にライトアップされ、1日に15回もショーが行われています。きっとあなたのお気に入りのショーが見つかるかもしれません!

マカオに行かれる際はぜひザ・パリジャン・マカオに!

まだ9月にできたばかりということもあり、何もかもが綺麗で豪華。マカオの活気をひしひしと感じられる場所でした。パリ好きな方もそうでない方も、どちらも楽しめる楽しさいっぱいのホテルになっていると思うので、ぜひマカオに行かれる際はパリジャン・マカオに行ってみてはいかがでしょう!

ザ・パリジャン・マカオ

協力:マカオ観光局URL www.macaotourism.gov.mo

マカオらしいホテル

マカオは歴史的にも様々な文化が通って来た場所でもあるので、こういった自国とは違った文化をうまく取り入れるのが上手で、なおかつ好きな国なのかな、と思いました。私は9月にパリに行ったのですが、その時エッフェル塔には登らなかったので、マカオで登ることができてラッキーでした。笑マカオにエッフェル塔がついに建つ。ホテル「ザ・パリジャン・マカオ」が豪華すぎ

関連記事リンク(外部サイト)

シンガポールで通っていたバーを、定番から隠れ家まで紹介します!
マカオ観光を夜にも楽しむ方法、それは「ラザロ地区」に足を運ぶこと。
鼻で吸い込んで使う、タイの嗅ぎ薬「ヤードム」中毒になった理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP