ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海鮮から地元愛溢れるご当地グルメも!茨城の名物グルメとおすすめ店まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Provided by

こんにちは。Compathy Magazineのfuku-chanです。
茨城県は、関東地方の北東に位置する都道府県の1つ。東側は太平洋に面し、西側の内陸部は山や畑が広がっている茨城県では、海と山の幸など豊富な食材が手に入る地域としても知られています。
そんな茨城県には、ご当地グルメやB級グルメをはじめとする幅広い料理が盛りだくさん! 今回は、茨城県で人気の名物グルメと、そのグルメを味わえるおすすめのお店・レストランについて紹介します。

茨城の名物グルメとおすすめのお店9選

1.あんこう鍋:奥久慈周辺の人気メニュー

Photo credit: By Yamaguchi YoshiakiCamera location36° 19′ 21″ N, 140° 34′ 07.5″ E View this and other nearby images on: OpenStreetMap – Google Earth 36.322500; 140.568750 [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

あんこう鍋は、茨城を代表する冬の味覚とも言える鍋料理。アンコウは潰れたような平らな魚体と巨大な口に鋭い歯というインパクトのある見た目の魚ですが、”東のアンコウ・西のフグ”と称されるほどの高級魚としても知られています。淡白で脂の少ないさっぱりとした味わいが特徴のあんこう鍋は、コラーゲンもたっぷりでヘルシーと女性にも人気です。
あんこう鍋は特に北茨城市、日立市、ひたちなか市、大洗町、水戸の5都市が盛んで、なんと茨城県内に100店舗以上のお店があるのだとか。また茨城県ではアンコウの口から水を入れて回転させながら捌く”アンコウの吊るし切り”と呼ばれる伝統的な解体法があり、こちらも茨城の冬の風物詩として要チェックです。

格子屋 日立駅前店

Provided by

格子屋」は日立駅から徒歩10分のところにある和食料理店。厳選された奥久慈エリアの新鮮な地魚を使用した海鮮料理が人気で、なかでも冬季限定のあんこう鍋はコクのあるあん肝に豆乳を加えた特製スープが絶妙なバランスの一品です。
ほかにも濃厚なあん肝をさっぱりとしたポン酢で頂く”あん肝ポン酢”をはじめ、新鮮な刺身の盛り合わせや常磐牛ステーキなど、奥久慈の食材をたっぷりと堪能することができます。また生ビールや茨城の地酒なども提供されているので、こちらも美味しい料理と一緒に味わってみてください。

格子屋 日立駅前店
住所:茨城県日立市幸町2-8-9
電話番号:0294268508
営業時間:【月~木・日】17:00~24:00 【金・土】17:00~翌1:00
定休日:元旦
アクセス:JR常磐線「日立」駅から徒歩10分
公式サイト:格子屋 日立駅前店

 

2.寿司:大洗で新鮮なネタを味わう

Photo credit: Yumi Kimura [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

大洗海岸は、茨城県内でも特に漁業が盛んなことで知られる地域。そんな大洗では、春はシラスやハマグリ、夏は牡蠣、秋にはカツオ、そして冬にはアンコウと、四季折々の魚介類を使った料理を提供するお店が多くあります。
そんな大洗で人気のグルメと言えば、新鮮なネタと一緒に握った寿司。カップルからご家族連れなどどなたでも楽しめるグルメと言えるでしょう。

お魚天国

Provided by

大洗漁業市場の目の前にある「お魚天国」は、市場から毎日仕入れる新鮮な海鮮を使った料理が目玉の食事処。「海鮮食事処」と「回転ずし」の2店舗が併設しており、それぞれ異なる海鮮料理を味わうことができます。
「海鮮食事処」は、新鮮で旬な魚介類を豪快に持った海鮮丼や地魚の一品料理、銘酒や地酒を楽しむことのできるレストラン。ゆっくりと海鮮グルメを楽しみたい方におすすめです。一方「回転ずし」では、ベテラン職人によって毎朝仕入れる新鮮なネタの本格握り寿司を堪能することができます。
お魚天国は大洗海岸のすぐ近くなので、観光や海水浴の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

お魚天国
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-18
電話番号:0292647676
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休
アクセス:「大洗」駅から徒歩25分
公式サイト:お魚天国

 

3.水戸納豆:納豆の本場の味を体験!

Photo credit: yoppy (Flickr) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

茨城県水戸市は、納豆の名産地として知られるエリア。水戸納豆と呼ばれるこちらの納豆は、約2300年前に源義家の家来が馬の飼料に作った煮豆の残りを藁で包んでおいたところ、自然に発酵したのが起源と言われています。
小粒の大豆が特徴の水戸納豆は、現在も昔ながらの藁で包んだ製法で作られているそう。茨城土産としても人気の水戸納豆、ぜひ挑戦してみてください。

喰処 飲処 てんまさ

Provided by

喰処 飲処 てんまさ」は、水戸駅北口からすぐの場所に位置する、茨城の郷土料理を提供している居酒屋。宴会や仕事帰りの一杯などを求める地元の人も多く訪れ、店内は活気に溢れています。
そんなてんまさでは、茨城名産の水戸納豆を楽しむことができる”納豆コース”が人気。ほかにも納豆てんぷらや納豆オムレツなど、一味違った納豆料理を味わうことができます。また親しみやすい家庭的な雰囲気の店内は、初めて訪れる方でも美味しく楽しく過ごせる空間と言えるでしょう。

喰処 飲処 てんまさ
住所:茨城県水戸市宮町2-2-31 三友ビル B1F
電話番号:02922464606
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
アクセス:JR常磐線「水戸」駅北口から徒歩3分

 

4.スタミナラーメン:ランチにもぴったりの、つくばご当地ラーメン

Provided by

スタミナラーメンは、1970年代に誕生した茨城のご当地ラーメン。モチモチ食感の太麺に、トッピングの緑黄色野菜と甘辛な醤油あんかけが絡み合う絶妙な一品です。
スタミナラーメンはひたちなか市が発祥で、その後水戸や茨城全域へと広く親しまれるようになりました。茨城県内にはスタミナラーメンを扱うお店が多くあり、ランチの割引などを行なっているところもあるので、ぜひお好みのお店を探してみてください。

スタミナラーメン がむしゃ

Provided by

スタミナラーメンがむしゃ」は、つくば市にあるラーメン専門店。こちらの店舗は水戸の本家「松五郎」直系のスタミナラーメンを提供しており、具材のレバーやニラと甘辛のあんかけが特徴です。
また厳選小麦を使った自家製麺は、その豊かな風味とコシのある食感があんかけとの相性も抜群! 夏には冷水でしめた麺を使っった”スタミナ冷し”も人気を集めています。こちらのスタミナラーメンはボリュームも満点なので、ぜひ立ち寄ってみたいグルメスポットの1つと言えるでしょう。

スタミナラーメン がむしゃ
住所:茨城県つくば市筑穂1-13-2
電話番号:0298643864
営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00
定休日:月曜日・第3火曜日
アクセス:「大洗」駅から徒歩25分
公式サイト:スタミナラーメン がむしゃ

 

5.ナマズ料理:鹿島の名物グルメを食す

Provided by

茨城県鹿嶋市では、ナマズ料理が名物グルメとして親しまれています。鹿嶋市にはパワースポットとして知られる鹿島神宮があり、地震を引き起こすオオナマズを武甕槌大神(たけみかづちのみこと)が鎮めた伝説から、ナマズに縁のある街として語り継がれてきました。
淡白でコラーゲンたっぷりと健康にも優しいナマズは、きちんと泥抜きと臭みを取って刺身にしたり、うなぎのように蒲焼きにしたりとさまざまな調理法で楽しむことができます。あまり食べる機会がない珍しいナマズ料理、鹿嶋市を訪れる際はぜひ味わってみてください。

割烹 鈴章(スズショウ)

Provided by

鹿島神宮の近くにある「割烹 鈴章」は、川魚料理の割烹料亭。店内の大型生簀にはナマズが飼育されており、活きの良い新鮮なナマズを使ったさまざまな料理を味わうことできます。
なかでも人気のメニューが、刺身やてんぷら、煮付けなどのナマズ料理がセットになった”なまずミニコース”。こちらのセットメニューはほどよいボリューム感で異なるナマズ料理を楽しむことができるので、女性の方にもおすすめできるメニューと言えますね。

割烹 鈴章
住所:茨城県鹿嶋市宮中1-4-27
電話番号:0120281417
営業時間:10:00~16:00、17:00~20:40
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)
アクセス:「鹿島神宮」駅から徒歩10分
公式サイト:割烹 鈴章

 

6.龍ケ崎コロッケ:茨城南部の街おこしグルメ

Provided by

龍ヶ崎コロッケは、茨城県南部の龍ヶ崎市を中心に親しまれるご当地グルメ。街おこしのために生まれたこちらのグルメは、2014年にYahoo!Japan主催「ご当地メシ決定戦!2014」の関東ブロック代表で堂々の第1位を獲得した人気の名物です。
龍ヶ崎コロッケは、お店によって家庭的なものから洋食のプロが作る本格的なものまで、さまざまな種類があります。また市内で龍ヶ崎コロッケを提供しているお店を記したマップも配布されているので、色々なお店のコロッケを食べ歩きしてみるのも良いでしょう。

高橋肉店

Provided by

高橋肉店」は、牛豚鶏を使った手作りのお惣菜を取り扱う精肉店。こちらのお店で販売されている”たかはしのコロッケ”は、肉屋ならではの常磐牛を使用したものや納豆の入った変わり種コロッケなどが人気を集めています。
また豚ロース肉に秘伝の味噌を1枚1枚丁寧に塗り重ねて仕上げた”豚肉みそ漬”は、こちらもお店イチオシの惣菜の1つ。龍ヶ崎の地元愛溢れる高橋肉店、ぜひ足を運んでお好みのお惣菜を味わってみましょう。

高橋肉店
住所:茨城県龍ケ崎市5131
電話番号:0297622024
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
アクセス:「龍ヶ崎」駅より徒歩20分
公式サイト:高橋肉店

 

7.海鮮料理:大津港の新鮮な魚介類を味わう

Provided by

北茨城の大津市では、特産品のかまぼこやシラスをはじめとした魚介類を味わうことができます。季節に応じた地魚はもちろん、夏は牡蠣や春はハマグリといった貝類も豊富です。
そんな大津市では、地元の魚介類を使用した海鮮料理を味わえるお店が多くあります。刺身から鍋、揚げ物までさまざまな種類の料理があるので、ぜひ大津の地元料理店を覗いてみましょう。

大津漁協直営市場食堂

Provided by

大津漁協直営市場食堂」は、大津市場にある漁協の直営食堂。北茨城沖で獲れた旬の海鮮や、普段市場に出回らないような希少な魚介類を使った料理が提供されています。
人気の海鮮丼はその日に水揚げされた地魚を使っており、色鮮やかに盛り付けられた見た目も食欲をそそる一品。旬の新鮮な魚を中心に味わえるこちらの海鮮丼、ぜひ実際にそのプリっとした味わいを体感してみてください。

大津漁協直営市場食堂
住所:茨城県北茨城市関南町仁井田789-3
電話番号:0293302345
営業時間:11:00~15:00
定休日:水曜日
アクセス:JR「大津」駅より車で5分
公式サイト:大津漁協直営市場食堂

 

8.常陸牛:茨城が誇る絶品和牛ブランド

Provided by

常陸牛(ひたちぎゅう)とは、茨城県の指定された生産者により飼育された、高品質の黒毛和牛のこと。引き締まった柔らかい肉質が特徴で、すき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキ、ハンバーグなど、さまざまな方法で調理して楽しむことができます。
常陸牛は一口食べると、芳醇な香りと脂ののった旨味の組み合わせが口いっぱいに広がります。茨城県内には常陸牛を扱うレストランが多く展開しているので、旅行の際はぜひ体験してみたいグルメの1つと言えますね。

アメリカ屋

Provided by

アメリカ屋」は、常陸牛を使った肉料理を提供しているレストラン。ステーキやハンバーグをはじめ、リーズナブルな価格とボリューム感が魅力的なメニューが展開しています。
セットメニューでは、充実したサラダバーとご飯がおかわり自由であるのも嬉しいポイント。気軽に常陸牛を味わえるアメリカ屋、行列ができることもあるのでランチやディナータイムでは早めに訪問することをおすすめします。

アメリカ屋
住所:茨城県水戸市米沢町304-5
電話番号:0292470588
営業時間:11:30~15:00、17:30~22:00
定休日:無休
アクセス:JR常磐線「偕楽園」駅から車で7分

 

9.那珂湊焼きそば:茨城のB級グルメと言えばこれ!

Provided by

那珂湊焼きそばは、茨城県ひたちなか市で親しまれているB級グルメ。ひたちなか市には那珂湊焼きそばを提供しているお店が12店あり、地元民や観光客に愛されるグルメとして人気を集めています。
那珂湊焼きそばは、せいろ蒸しされた太めの麺を使用しているのが特徴で、モチッとした食感がヤミつきになる一品。店舗ごとにソースや具材などに独自のアレンジが加えられているので、お気に入りの那珂湊焼きそば店を探してみるのも良いでしょう。

喰い道楽 すみよし

Provided by

喰い道楽 すみよし」は、那珂湊焼きそばの発祥として有名なお店。豚骨スープの旨みとラードを加えたこちらの那珂湊焼きそばは、コクのある濃厚な味わいが絶品です。
すみよしは、実はひたちなか市の新鮮な魚介類を楽しめる海鮮料理店としても知られています。なかには香ばしいイカに焼きそばが入った”焼きそばでイカが。”などのメニューもあるので、訪れる際はぜひチェックしてみましょう。

喰い道楽 すみよし
住所:茨城県ひたちなか市湊中央1-5-12
電話番号:0292623551
営業時間:【月~金】11:30~15:00、17:00~20:00、【土・日】11:00~21:00
定休日:不定休
アクセス:「那珂湊」駅から徒歩10分
公式サイト:喰い道楽 すみよし

おわりに

茨城県は、魚介類から地元のブランド牛までさまざまな食材が手に入るエリア。また県内のいたるところに、地域に強く根付いた郷土料理や街おこしのご当地グルメなどが展開しているのも魅力の1つですね。
皆さんも茨城県を訪れる際は、この記事を参考に、茨城県の名物グルメの数々を体験してみましょう。

ライター:fuku-chan
Photo by:

Compathyで茨城の旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、茨城を訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

茨城の関連旅行記ブログ

*坂本裕幸「ジェフ千葉 アウェイ・水戸戦&偕楽園」

*Nalumi Uchiyama「今、いま、イマ!見ごろのネモフィラブルー!美しき青の花畑。」

*Mami「茨城 ひたちなか 大洗 うみ 夏休み〜」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP