ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Meizu、Helio P20やLPDDR4X RAMを採用した新型スマートフォン「Meizu X」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Meizu は 11 月 30 日、MediaTek の最新プロセッサを搭載したスマートフォン新モデル「魅藍 X(Meizu X)」を発表しました。「Meizu X」は初登場となる製品ラインで、第一弾は 1,699 元 / 1,999 元(27,000 / 32,000 円)と既存の Mieizu M シリーズと Meizu MX / Pro シリーズの中間を埋める価格帯です。中国名が「魅藍 X」なので、既存の Meizu M シリーズの現行最上位モデルに位置づけられます。Meizu X の主要スペックは 5.5 インチ 1,080 ピクセルのシャープ製 IPS 液晶(TDDI タイプ)、MediaTek Helio P20 2.3GHz オクタコアプロセサ、3GB / 4GB RAM、32GB / 64GB ROM、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,200mAh バッテリーを搭載し、USB Type-C コネクタや mCharge 急速充電機能、フロント指紋リーダー付きボタン、Alipay 決済などに対応しています。LPDDR4X の RAM を使用しているので、Helio P プロセッサを搭載していると言えども、性能はかなり良いと期待されます。外観は CNC 鋳造のアルミフレームと前後に 2.5D 仕様のガラスパネルを採用した現在主流のデザインを採用。筐体の厚さは 7.4mm とそこそこスリムです。また、カメラには Sony IMX386 の CMOS イメージセンサー(1.25μm 画素)や F2.0 レンズを搭載しています。Meizu X は 12 月 8 日に中国で発売されます。Source : Meizu

■関連記事
LeEco、米国での販売ルートを拡大、既存モデルのカーネルソースもオープンソース公開
GNネットコムジャパン、完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Jabra Elite Sport」を2017年1月下旬に国内発売
KKBOX、DTSサウンドを体験できる「DTSエフェクト」を12月1日よりアプリで提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP