ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腰痛と内臓の関係性 原因不明の腰の痛みは内臓疾患のサイン?

  • ガジェット通信を≫


腰痛には多くの原因があります。腰に負担がかかる事で起こることで起こるぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどといった、分かりやすい腰痛もあれば、内臓由来の腰痛もあります。

内臓が原因の腰痛はレントゲンなどでは発見できないことも多いため、原因不明の腰痛が長く続く場合には、それなりの対処が必要となります。

要チェック項目

□腰痛には軟部組織などが原因のものと内臓が原因のものとがある

□女性の場合は婦人科系の疾患が疑われるケースもある

□腰痛が長引く場合には内科や婦人科を受診することも必要である

腰痛の85%は原因不明

腰痛の原因

腰が痛くなりその痛みが続いたり、耐えられないほどの痛みになった場合は大抵の方は整形外科などの外科を受診される方がほとんどではないかと思います。

ただ、整形外科を受診して椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰痛の原因が特定できた割合は15%にしか過ぎないということです。

原因不明の腰痛

腰痛の85%のは原因不明だそうです。原因不明といっても、病院へ受診してレントゲンやMRIなどで原因がわかるのが15%であって、あとの85%すべてが内臓の疾患が原因であるのかというとそうではありません。

レントゲンやMRIなどの機械の映像では映らないタイプの腰痛であることの方が多いのです。長く原因不明の腰痛が続く場合は内臓が原因であることもあるので、内科や大きな総合病院や大学病院などを受診してみましょう。

内臓疾患が腰痛になる原因


では、なぜ内臓が腰痛の原因になっているのか気になりますね。上半身には内臓が密集していますが、それぞれ個々人の骨格に合わせて内臓の大きさが決まっています。

その内臓が病気などの疾患によって腫れて大きくなることで、お腹や腰を圧迫することで腰が痛くなると考えられています。

膵臓癌の可能性も

内臓の中でも特に、後腹膜の臓器である膵臓に異常が起こると腰に痛みが出ることが多く、痛みが長く続き病院へ受診したら膵臓癌末期だったという話を耳にします。

膵臓癌は身体に自覚症状が現れた時には手遅れになることが殆どということです。最近は芸能人の人が膵炎になることも多く、にわかに注目を浴びている疾患でもあります。

腰痛が内臓疾患かどうかを見分ける方法

内臓が原因ではない腰痛

腰痛の原因が内臓の病気なのかどうかをハッキリと見分ける方法は残念ながらありません。ただ、いくつかの動作をすることで見分けられる方こともあります。

筋肉や腱、靱帯といった軟部組織などが原因の腰痛の場合、前屈、側屈、後屈や回旋の動作をすることで腰の痛みが強まります(可動痛と言います)。

内臓が原因の腰痛

内臓が原因の場合はこのような動作では痛みの変化がありません。また痛みの出る箇所によってはどの内臓が関係しているのかといった大まかな推測ができます。

左側と右側に出る腰痛は腎臓が関係しやすく、右側にでる腰痛は肝臓が関係しやすいと言われています。

なぜかというと、腎臓はおへそとみぞおちの間の高さの背中側にある臓器で左右に1個ずつあり、肝臓は腎臓より若干上のお腹側にあり、みぞおちから肋骨下部の裏側にあるからです。

仮に病院で検査をして内臓の数値に異常がなくても、内臓の疲れが溜まっていたりと、内臓機能の低下も考えられます。

内臓機能の一時的な低下であればいつもよりも多く睡眠を取ったりと、生活習慣を改善することで内臓機能も回復してきます。

女性の腰痛は要注意! 子宮が原因の可能性大

女性と腰痛

女性と腰痛は切っても切れない縁があります。生理痛がある方にとっては毎月の恒例行事のようなもの。人によっては排卵時の排卵痛で腰痛になる場合もあります。

生理でも排卵期でもない時に、腰の内部からジワジワくる腰痛があった場合には注意が必要です。

子宮筋腫

女性の腰痛の原因の一つとして子宮筋腫が疑われます。子宮の壁などにコブ状の塊ができてしまう良性の腫瘍です。

子宮筋腫は子宮内膜を排出時に子宮が収縮を繰り返すときにのコブの塊が邪魔をするため、腰痛や腹痛の痛みが出たりします。また、膀胱が圧迫されることでトイレが近くなったりします。

子宮内膜症

女性の腰痛の原因としては、子宮内膜症もよく知られています。子宮以外の場所になぜか子宮内膜によく似た細胞が出来てしまう疾患で、原因については今のところよく分かっていません。

子宮内膜症になると、月経時に下腹部の痛みや腰痛など様々な症状が現れると言われています。

腰痛が長く続く場合の対処法について

これまで述べてきたように、腰痛には様々な原因があります。

もしも腰痛があまりにも長引く場合、内臓や婦人科系の疾患が疑われることもあるので、整形外科だけではなく、内科や婦人科を一度受診することをお勧めします。

自己判断で放置すると重大な疾患を招くこともあるので、専門家に診てもらうようにしましょう。

腰痛の予防にも生活習慣の改善が第一です

日本の国民病とも言える腰痛ですが、他の疾患同様、長時間のデスクワークによる疲労や血行不良、食習慣の乱れや運動不足がその要因となります。

特に内科系の疾患が原因の腰痛に関しては生活習慣によるところが大なので、慢性の腰痛に悩まされている方はまず生活習慣を振り返ってみることも大事です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

仙骨を温めて婦人科の悩みにさようなら! 女性が知りたい仙骨の大事な役割
《医師監修》賛否を呼ぶ医療用大麻 海外の実用化からみる日本の課題
腰痛の種類を知ることが大切!原因に合わせた適切な治療方法まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP