ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LeEco、米国での販売ルートを拡大、既存モデルのカーネルソースもオープンソース公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の新興スマートフォンメーカー LeEco が米国の小売店や大手 EC サイトで自社の Android スマートフォンや Android TV 搭載テレビの販売を開始しました。LeEco と言えば、11 月に直販サイト経由での販売で米国のスマートフォン・テレビ市場に参入し、低価格ながらも高いスペックの機種を投入しているので安いスマートフォンを求める層から一定の評価を得ています。これまでは、直販サイト LeMall を通じて Le S3 や Le Pro 3 などの Android スマートフォンを販売してきましたが、今週からは Best Buy や Target などの大手量販店や、Amazon.com でもスマートフォンの販売を行っています。また、LeEco は同日より Le S3 や Le Pro 3 を始め、過去に発売した全機種のカーネルソースをオープンソース公開しました。カスタムカーネルのリリースに期待されます。Source : AmazonLeEco(カーネルソース)

■関連記事
GNネットコムジャパン、完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Jabra Elite Sport」を2017年1月下旬に国内発売
KKBOX、DTSサウンドを体験できる「DTSエフェクト」を12月1日よりアプリで提供
TeamViewer 12の正式版がリリース、Windows 10 Mobileへの対応やモバイルデバイス間でのリモートアクセスが可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP