ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンターってゴミとして捨てて良い?正しい処分方法とは

  • ガジェット通信を≫

プリンターとは、資料や写真、イラストなどを印刷するパソコン周辺機器。年末になると、年賀状印刷で大活躍してくれますよね。最近では、スマホで撮影した画像をWi-Fiでプリンターに直接送信して印刷できる機種もあり、本当に便利になりました。毎年新機能を搭載した新モデルが発売されるので、家庭の中に数台あるという人も多いかもしれません。

ところで、不要になったプリンターはどうしていますか? ここでは、プリンターの処分方法について解説していきます。

プリンターの処分はPCと同じ分類で良い?

パソコン本体や液晶ディスプレイなどは、PCリサイクル法によって自治体のゴミ回収で捨てることはできず、メーカーに依頼して回収してもらわなくてはなりません。

よく勘違いされるのは、プリンターはパソコン周辺機器ですが、PCリサイクル法や家電リサイクル法の対象外商品なので、自治体のごみ収集日に無料で回収してもらうことが可能ということです。ただ、自治体によって一般ゴミ・不燃物ゴミ・複雑ゴミ・粗大ゴミなどの分類は様々ですから、事前にどのゴミの日に出せばよいかを確認するようにしてください。

ちなみに、プリンターに使用するインクカートリッジはリサイクル品として回収されるため、家電量販店などに回収ボックスが設置されています。また、事業所で使われる複合プリンターは産業廃棄物扱いとなりますので、自治体での回収はできません。

廃棄処分する方法と注意


ゴミとして捨てる

一言で「プリンター」と言っても、家庭用のコンパクトサイズのものから、事業所やSOHOなどで使用される大型の複合機まで、様々なサイズがあります。複合機などのサイズの大きな複合機を処分する場合には、粗大ゴミに分類されるため、自治体のルールに則って処分費用がかかることがあります。

また、プリンターやスキャナーのような商品は、ゴミ捨て場から持ち去られることもあります。例えば、大切な書類が挟まったままだったりすれば悪用される心配もありますし、壊れていれば不法投棄される可能性もあります。

不燃物や粗大ゴミで捨てる際には、資料や印刷物が残ったままになっていないかを確認して、勝手に持ち去られないような時間を選んで捨てるようにしましょう。

量販店に引き取ってもらう

新しいプリンターへの買い替えで処分する場合、古いプリンターを引き取ってもらうという方法もあります。

家庭用のプリンター程度の大きさだったら、店舗に持ち込むこともできますから、新しいプリンターを購入するために店舗を訪れる際には、古いプリンターを持参すると良いでしょう。店舗によっては、多少の手数料が必要になる場合もあります。

クリーンセンターに持ち込む

年末になると、何かと処分したいものが増えますよね。廃棄したい家電が大量にあって、次のゴミ回収日まで待てないというなら、自治体のゴミ処理場やクリーンセンターに自分で持ち込むという方法もあります。

処分費用は有料になりますが、その場で処分できるので、手早く部屋を片付けることができます。ただし、事前予約が必要なので、必ず電話連絡を入れてから持ち込むようにしてください。

お金に変える!


リサイクルショップに売る

年末になると、年賀状印刷などで利用価値が一気に高まるプリンター。PC買取専門店ではなくても、一般リサイクルショップでも需要が高まる時期なので、買取してくれる業者は多いでしょう。特に人気が高く高値が付きやすいのが、国内の有名メーカー製の高機能プリンターです。

ただし、プリンターは、毎年年末になると各メーカーから新モデルが登場します。あまり古い機種では、インクカートリッジが廃盤になっていることもあり、発売後5年以上を経過した古いモデルだと、買取してもらえないケースもあります。

オークションに出品する

多少の手間と時間をかけてでも高く売りたい、発売後5年以上経過した商品で買取店で断られたというプリンターは、オークションがおすすめです。

あまり古いプリンターだとインクカートリッジが手に入らないということもあります。もしも、予備の未使用カートリッジなどを付属することができれば、買取店では価格が付かなかったプリンターが、思いもよらないお小遣いに変わるかもしれません。

プリンターを高く売るコツ


タイミング

年末は、各メーカーからも新機能を搭載した新モデルが続々と登場しますから、多少型落ちでも、高機能の製品を安く購入したいという人が増えます。新モデルへの買い替えなどでまだ使用できるプリンターを売却するなら、まさしく今がベストなタイミングです。

ネットオークションでも、プリンターを検索する人が増える時期ですから、買取店では扱ってもらえない古いプリンターにも高値がつく可能性が高まります。

付属品を揃える

買取店へ売却する場合には、購入時の外箱や説明書などが揃っているほど、高値が付きやすくなります。

オークションに出品する場合では、使わないカートリッジを付属して「セット売り」するのも良いでしょう。入札者は落札後すぐに使用できるので、安心して入札することができます。出品する際の商品説明には、メーカー名・型番・製造年月日まで記載しておくと、更に信頼が高まります。

プリンターの買取価格

買取店の査定価格一例

Canon キャノン A4複合機プリンター ピクサスMG5430  800円
ブラザー 複合機 DCP-350C 未開封品  2,000円
EPSON エプソン 複合機プリンター PX-045A   500円
EPSON インクジェットプリンター   6,000円
HP デジタル複合機 ENVY5530 新品未開封  1,500円
Canon Satera A3カラーレーザープリンター LBP9100C  6,000円
NEC A3カラーレーザープリンター PR-L2900C 未使用品  10,000円

オークション落札一例

CANON MP640 A4 プリンタ D 42% 3027枚 i31   6,800円
リコー 中古レーザープリンタ IPSiO SP4210 両面付3,730枚   9,800円
ジャンク EPSON PX1600F 複合機 ビジネスプリンター N2175275   5,000円
CANON iP3300 A4 プリンタ インク有 D 44% 2717枚 i45   4,500円
エプソン■インクジェットプリンター PM-890C(C2680)   1,000円
EPSONカラリオ インクジェットプリンターPM-A820   1,000円

まとめ

最近では、写真がキレイに仕上がるレーザープリンターの人気が高く、少々型落ちでもかなりの高値で取引されています。また、注目したいのはオークション。「ジャンク」と書かれたプリンターでも、数千円という高値で落札されている物がたくさんみつかりました。

年賀状印刷をどうしようか?と悩むこの時期を逃したら、次のチャンスは1年先になってしまいますよ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP