ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そばにこだわる温かい「鴨南蛮そば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月29日放送の「サラメシ」(NHK総合系、午後20時17分~)では、作曲家、シンセサイザー奏者として世界に名を馳せた音楽家が愛した味を特集したコーナーで、「しながわ翁」(東京都品川区)を紹介した。同店はJR山手線品川駅から徒歩10分ほどにある、2000年12月に創業した落ち着いた雰囲気の手打ち蕎麦店だ。

「鴨南蛮そば」は、ネギと鴨肉ののったシンプルながらも味わい深い1品。その日の湿度や気温で産地や配合を変える丸抜きしたそばの実を、店の2階にある石臼で挽いたものを使用する。枕崎産の本枯節を使用した香りとキレのある蕎麦つゆをあたため、具である焼き目を付けたネギと鴨の肉を入れて程よい歯ごたえを残すように火を入れる。丁寧に打たれた生地を素早く伸ばし等間隔に切り茹であげた熱々の二八そばに香り立つ汁を掛け、ネギと鴨をのせて完成する。蕎麦の濃い香とそばつゆのこくのある旨味が食欲をそそる仕上がりになっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:しながわ翁(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:品川のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:品川×和食のお店一覧
旨味濃厚な専門店のおかゆ
音大生が愛する洋食店の「自家製オムライス」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP