ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】快進撃を続けるブルーノ・マーズが洋楽チャート7週目首位、あのクリスマス・ソングがエントリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 遂にBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”7週目の1位を獲得したブルーノ・マーズの「24K・マジック」。

 今週も2位に大きく差をつけて首位をキープした「24K・マジック」。エアプレイ・チャートではランクダウンしてしまったものの、洋楽勢ではデジタル・セールス、Twitterポイント、断トツのトップとなっている。同曲収録のニュー・アルバムは先週“Hot Albums”チャート3位に初登場したが、今週も順位をキープ。ブルーノにとってブレイクのきっかけとなった『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』も27位に上昇している。

 2位にランクアップを果たしたのは、リトル・ミックスの「シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス~完全ふっ切れ宣言~」。最新作『グローリー・デイズ』のリリースに伴い、エアプレイ・ポイントを大量に積み上げてのランクアップとなった。本国の全英では初登場1位をマークした『グローリー・デイズ』だが、日本では55位に留まった。

 一方、エアプレイ・ポイントがほぼ無いも同然なのにも関わらず、健闘しているのが3位のザ・チェインスモーカーズ「クローサー feat.ホールジー」。動画再生回数では洋楽勢1位、デジタル・セールスとTwitterポイントでは2位とチャートイン15週目にも関わらず、ポイントを稼ぎ続けている。

 そして今年もクリスマス・シーズンが近づいてきたということもあり、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が7位にリ・エントリーを果たした。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
2位「シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス~完全ふっ切れ宣言~」リトル・ミックス
3位「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
4位「ボディ・ムーヴズ」DNCE
5位「ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー」マルーン5
6位「ロッカバイ feat.ショーン・ポール&アン・マリー」クリーン・バンディット
7位「恋人たちのクリスマス」マライア・キャリー
8位「ジーズ・ワーズ」レモン・ツイッグス
9位「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」スティング
10位「フェイス」スティーヴィー・ワンダー feat.アリアナ・グランデ

関連記事リンク(外部サイト)

12月5日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
ブルーノ・マーズ、ツアー・チケット発売開始から24時間で売上100万枚突破&追加日程発表
ブルーノ・マーズ、多才っぷりを改めて見せつけられる『24K・マジック』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP