ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定価の半額以上で買取!ネットオフの価格保証がすごい理由

  • ガジェット通信を≫

新作漫画やゲームって、ついつい買ってしまいますよね。でも、その漫画とゲーム使った後はどうしていますか?

実は、漫画やゲームは新作のうちに売ったほうが高く売れるって知っていましたか?中でも、ネットオフの買取価格保証制度は業界最高水準なんです。キャンペーン併用もOKなので、新作のうちに早めに売ることで賢く最新ゲームや漫画の最新刊を楽しめます!

今回は、ネットオフの買取価格保証を使って、実質半額で新作コミックが買える方法を紹介します。

ネットオフの買取価格保証は2つある

ネットオフの宅配買取では、2つの買取価格保証制度が用意されています。2つの価格保証で、売り時を逃さないで売れることが最大のメリットです。

発売日保証
申し込み時の価格保証

ネットオフの買取価格保証制度を使えば、他店よりも高く、ずっとお得に買取してもらうことができるんです。それぞれどんな制度なのか、詳しく解説していきます。

1.発売日保証

出典:ネットオフ

新刊漫画が実質半額で買える

1つ目の「発売日保証」は、コミックスを対象とした保証制度です。これは、売りたい漫画が発売から1か月以内なら定価の50%以上、3か月以内なら定価の30%以上の買取価格を保証してくれるというもの。業界最高水準であることが最大の特徴です。

「発売されたらすぐ読みたい」という人は、発売後即購入してその日のうちに読み終えてしまいますよね。そんなときこの制度を利用すれば、読み終えた後1ヶ月以内にネットオフへ買取に出すことで、購入時の半額が手元に戻ってくるのです。これが、実質半額で新刊を購入できる秘密です。

2.申込価格保証

2つ目の価格保証は、漫画に限らず「本&DVD買取コース」対象品であればすべて適用されます。
本やDVDを売る時に、「もっと買取価格が高くなるかも…」「配送中に値下がりしたらいやだな…」と思ったことはありませんか?ネットオフの申込価格保証は、そうした悩みを解決してくれるサービスなんです。

そもそも買取価格保証とは、宅配買取などのネット買取でモノを売る時、申し込んでから査定までに値下がりするのを防ぐために考えられた保証制度です。それでは申し込みをした人が損をしてしまうため、ネットオフでは申し込みからの価格の変動に対して、次のような保証をしてくれます。

配送中に値下がりした場合

出典:ネットオフ

通常の宅配買取の場合、上の図のように申込時と査定時で3500円も値下がりしているため、損をしてしまいます。しかしネットオフなら、査定時の価格ではなく申込時の価格を保証してくれるから、宅配中に値下がりしても安心なんです!

つまり、申し込んだ時より値段が下がってしまっても安心ということです。これなら売り時を気にせず、売りたいタイミングで申し込みをすることができますね。

逆に値上がりした場合

出典:ネットオフ

さらにネットオフでは、申込時から査定時までの間に買取価格が値上がりした場合、自動的に最高価格が適用されるという保証も行っています。

価格が変動しやすいゲームソフトなどは、高く売れる時期を狙いすぎて逆に売り時を逃すなんてこともしばしば。そんな悩みや不便さに応えてくれるのが、この制度なんです。

ネットオフの価格保証は利用者に都合がいい

申し込みから値段が下がったら、下がる前の価格で買取、申込後に値段が上がったら、高い方の価格で買取、ネットオフの価格保証は、利用者にとってとても都合がよくできています。これなら、申し込みのタイミングも関係なく、一番高く買取してもらえますね。

業界最長レベルの保証期間

出典:ネットオフ

申込時の買取価格を保証してくれる期間が業界トップレベルで長いのも、ネットオフの特筆すべき点です。なんと、申込み日より17日間以内に到着した商品であれば、すべて保証の対象内になるのです。

宅配買取の場合、申し込みから集荷用の梱包材が届くまでの期間や荷物を送ってから買取店に届くまでの期間など、自分のスケジュールによっては意外に時間がかかることがあるもの。そんな時、2週間以上も保証期間を設けているネットオフなら保証期間切れの心配もありませんね。

他のキャンペーンとの併用も可能

この2つの買取価格保証制度、実はネットオフの他のキャンペーンと併用することもできるのです。例えば現在ネットオフでは、初めて利用する方限定で2000円アップキャンペーンを行っています。(2016年11月15日時点)

出典:ネットオフ

もし買ったばかりの漫画を規定点数以上買取に出す場合、定価の30~50%の買取金額を保証しつつ、最大2000円の買取価格上乗せが可能になります。

ネットオフの買取価格保証制度まとめ

発売から1か月以内→定価の50%以上保証(保証対象:コミック)
発売から3か月以内→定価の30%以上保証(保証対象:コミック)
値下げしない。申込時の最高価格を保証
値上げした場合は、値上げ後の最高価格を保証
他のキャンペーンとの併用も可能

ネットオフでは複数ある保証制度をうまく組み合わせて、都合が良く高く売れることがわかりました。

こんな人におすすめ!ネットオフの宅配買取

新刊コミックをよく買う人

新作の漫画が発売されたらすぐ買って読みたい派の方には、ネットオフの買取が特におすすめです。読破して用済みになった商品を1か月以内に買取に出すことで、購入時の半額が買取金額としてあなたの手元に戻ってくるのです。

実質半額で買えるのなら、これまで購入を諦めていた漫画も買うことが出来ますよね。これまでの2倍、新しい漫画を楽しめるはずです。

値下がりによって安く買いたたかれるのが嫌な人

「せっかく買った本を安く買いたたかれるくらいなら、処分したほうがマシ」という声をたまに耳にします。その点ネットオフなら、事前見積もりやHPで買取価格を確認でき、そのうえで申込時の価格を保証してくれるので納得感が違います。あとで査定額を聞いてがっかりなんてこともなく、安心して買取できます。

何がいくらで売れたか知りたい人

ネットオフでは、本やゲームがそれぞれいくらで買取されたのか、すべての商品に対しての明細を確認できるシステムを導入しています。どの商品がいくらで買取されたのかが分からないと、適正な価格で買取ってもらえたのかどうか不安も残ります。すべての買取価格を知ることができれば安心につながるのはもちろん、次に売る時の参考にもなります。

次は、ネットオフで実際に買取を申し込む流れを解説していきます。

ネットオフでの買取方法

それでは、実際にネットオフに買取を申し込むためにはどうしたらいいのでしょうか?ネットオフは宅配買取での買取となります。ネットから申し込みをするだけで、自宅にいながら不用品を売ることができるサービスです。

宅配買取

ネットオフの宅配買取の手順は非常にシンプル。HPから宅配買取申し込みをし、宅配用のダンボールを依頼します。ダンボールが届いたらその中に売りたい商品と必要書類を入れて梱包し、宅配業者が来るのを待つだけです。宅配業者が来たら、玄関先で荷物を渡すだけで完了。家から一歩も出ることなく、買取がすんでしまうのです。

重たい荷物を店まで持っていく必要もないし、店頭で待たされることもありません。やり取りの全てがネット上で完結するので、忙しい人にもおすすめです。

ネットオフを利用する際の注意点は?

ここまで読んで、「さっそくネットオフの宅配買取を使ってみたい!」と思った方も多いはず。その前に注意点を一緒に確認していきましょう。

キャンペーン有!宅配買取点数を満たそう

ネットオフの宅配買取は、通常合計30点以上から利用可能です。しかし、今なら10点からでもOKのキャンペーンを開催中!(2016年11月29日時点)もちろん価格保証制度と併用できるので、事前に点数を数えておきましょう。また、DVD・ブルーレイ・CD・ゲームソフトだけであれば3点から申し込みできます。

保証外・買取対象外商品を事前に確認しよう

定価の50%~30%の買取価格が保証されるのは漫画のみです。その他の買取価格保証制度は、ネットオフの「本&DVD買取コース」にのみ適用されます。ブランド品や携帯電話などは対象外です。ゲームソフトは対象内ですが、ゲーム機本体は対象外になるので注意しましょう。

買取自体を受け付けていない商品もあります。古本であれば、雑誌や教科書などは買取不可となっています。またジャンルに限らず、未開封品・同一商品は買取できません。これは盗品や万引き商品の売却防止のためなので、必ず確認しましょう。

状態によっては減額もあり

当然ではありますが、買取価格保証制度の対象商品であっても、商品の状態によっては価格が下がる場合もあります。著しく状態が悪いものや欠損があるものは、発売日に関係なく減額される可能性があるので、買取に出す前のチェックは必須です。

まとめ

いかがでしたか?ネットオフの宅配買取を賢く使うことで、お得に新刊の漫画を楽しめることが分かりましたよね。すべての買取価格保証制度は、別途エントリーなど一切不要で、誰にでも自動的に適用されます。つまり、ネットオフに買取に出すだけでOKということ!面倒な手続きはいりません。これまで買取を利用したことがある人もそうでない人も、ぜひネットオフの宅配買取を利用してみてください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP