体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Youは母国でどんなバイトしてた? 各国のアルバイト事情を留学生に聞いてみた

Youは母国でどんなバイトしてた? 各国のアルバイト事情を留学生に聞いてみた

こんにちは、ライターの千葉こころです。

我が家では先日、オーストラリアからの女子学生をホームステイで受け入れることになりました。母国の生活習慣や文化など、せっかくの機会なのでいろいろと話を聞いてみると、オーストラリアでは法的に14歳4か月からアルバイトができるので、すでに働いている友人もいるとのこと。

中学生から働けるの!? と衝撃を受けたのですが、同時に湧き上がってきたのが好奇心。日本とオーストラリアで働ける年齢が違うように、世界各国のアルバイト事情もさまざまなのでは?

そこで、留学生の皆さんに「母国のアルバイト事情」を聞いてみることにしました。

長沼スクール 東京日本語学校_01

訪れたのは「長沼スクール 東京日本語学校」。約600名の留学生たちが日本語を学んでいます。

今回協力してくれるのはこちらの3人。

jose_01

Drew Joseph(ジョー)さん(イギリス)

alum_01

鄭 アルム(アルム)さん(韓国)

antonio_01

Camacho Munoz Antonio Del Carmen(アン)さん(メキシコ)

みなさん、日本語がとてもお上手! 母国と日本の両方でアルバイト経験があるそうなので、さっそく詳しく聞いてみることにしました。

 

国の情勢も大きく関わる、各国のアルバイト事情とは?

 

cocolo_icon

 

母国ではどんなアルバイトをしていましたか?

 

alum_icon

高校生と大学生のときに、レストランのホールスタッフとデパートの販売員をしたことがあります。

 

antonio_icon

アルバイトはいろいろ経験しましたよ。カメラマンとか、タコスマンとか。

留学生バイト事情取材_01

 

cocolo_icon

「タコスマン」ってなんですか?

 

antonio_icon

タコスを道で販売するんです。日本の屋台みたいな感じですね。

 

jose_icon

タコスマンって、メキシコではよく見かけるね。僕はアルバイトの派遣会社に登録していたから、工場や事務などいろいろなことをしましたよ。

 

cocolo_icon
1 2 3 4次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。