ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面倒な労務管理がクラウドで超ラクに。フリーランスからベンチャーまで圧倒的支持の労務ソフト「SmartHR」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホのアプリで、社会保険・雇用保険の手続きも自動化!

社会保険の手続きや、入退社の書類作成。社会人ならば避けては通れない面倒な手続き、ストレスだと感じている人も多いはず。細かい文字がズラズラと並んだ書類を見ただけで、つい投げ出したくなってしまう。ひとたび書き間違えてしまったら、もうギブアップ寸前だ。

そうした状況を改善するために開発されたのが、労務管理クラウド「SmartHR」だ。これまで手書きで記入していた書類作成や、役所への書類提出が、すべてWEB上でできるという優れものだ。2015年11月に正式リリースされると、2カ月で約500社もの企業が導入を決定。

リリースから1周年を迎えた現在、その利用企業数は伸び続け、メルカリやWantedly、Eurekaなどのベンチャー企業を中心に、2,500社以上もの企業が、すでに導入済みという。しかも、ユーザーの継続利用率は98.7%と、サービスへの満足度は極めて高いようだ(2016.11.16時点)。類似したサービスがあるなかで、「SmartHR」が著しい成長をみせる理由は、その手軽さにある。

わかりやすさを追求した、操作方法

「すべての『労務』を1クリックで」と、うたっているように、操作方法はいたってシンプル。まずは、登録。画面の指示に従って、メールアドレスやパスワード、会社名などを入力し、わずか5分ほどで登録完了。

プランは、従業員数ごとに料金が異なり、5名までなら無料。全プラン15日間の無料お試し期間も設けられている。契約期間中でもプランを変更することは可能で、すぐに変更後のプランを使用することができるとあって、従業員の増減にもスムーズに対応可能だ。

現在行うことのできる手続きは、入退社の手続き、扶養の追加・削除、マイナンバーの管理、協会けんぽの手続きなどさまざま。通常どおり、これらの手続きを行う場合、1枚ずつ手書きで、かつ同じことを何度も書かなくてはならなかった。

SmartHRを使うと、たとえば入社手続きをする場合、フォームに従い必要事項を入力していくと、社会保険・雇用保険の適用申請書類など、ほかの書類も自動的に作成してくれる。なにより、役所への提出もWEB上でできるので、大幅な時間短縮が可能だ。これぞ、テクノロジーの強みを最大限に生かしたサービスといえるだろう。

顧客の声を第一に

サイト内にはチャット式のメッセージサポートが設けられており、手続きの途中でも疑問点や不具合があれば、いつでも質問することができる。さらに、回答するまでの時間は平均5分(平日9:30〜19:00のみ)。これならば、WEBで調べる必要もなく、その場ですぐ正確な情報を得られるので安心だ。

こうした充実の顧客サポートは、機能の向上にも反映されており、随時対応手続きを拡大していくとのこと。2016年10月22日には、年末調整機能が新しく追加され、クリエイターなど、フリーランスの利用者も増えそうだ。

社労士向けのサービスも

また、社会保険労務士向けにつくられた「SmartHR for Adviser」のリリースも開始。SmartHRと合わせて使うことで、社労士と顧問先企業とのコミュニケーションや業務フローを円滑に行い、さらなる時間短縮を可能にするという。

フリーランスから大企業、社労士。さまざまな角度からヒアリングを重ね、顧客に寄り添ったサービスを展開しているSmartHR。すべての手続きに対応する日も遠い未来じゃないかもしれない。

関連リンク

SmartHR

関連記事リンク(外部サイト)

国内最高峰のレース「SUPER GT」。LEXUS TEAM TOM'Sを支えているのは「通信のチカラ」でした
キッズセキュリティ最前線! 登下校の見守りは、ビーコンとクラウドとAIにおまかせ!
離れて暮らしていても安心! プライバシーを守り、家族を見守る「コンセント」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP