体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

使わないのは損。Apple Payで財布のダイエットに挑戦した!

10月25日にアップデートされたiOS 10.1で、いよいよ日本でも利用できるようになった「Apple Pay」。Apple Payとは、交通機関やお店、アプリ内、ウェブ等で利用できるアップルの決済サービスの総称です。

実は、アプリ内課金やウェブ決済なら、iPadやMacでもApple Payによる支払いが利用できるのですが、いま世間に注目されているのはやはり、iPhone 7やApple Watch Series 2で「Suica」や「QUICPay」「iD」といった非接触型決済が使えるようになったことでしょう。

改札や読み取り端末にスマホをかざすだけで支払いがサクッと済むAndroidの「おサイフケータイ」機能(のようなもの)が、iPhone 7でも使えるようになったのですから、筆者のようにiPhoneケースにSuicaのカードを貼り付けていたユーザーは狂喜乱舞せずにはいられません。

では、iPhone 7でSuicaやQUICPay、iDを利用するにはどんな準備が必要で、支払いのシーンではどのように使えばいいのか。筆者の体験をもとに、複雑そうに見える手順をわかりやすく整理いたしましょう。

1分で完了! SuicaをiPhone 7に取り込む

Suica取り込みの際は、写真のようにSuicaの下半分にiPhone7の上部を重ねるだけ

まずは筆者長年の夢だったSuicaの登録にチャレンジ。すでにビュー・スイカカードと連携させてオートチャージ設定した記名式Suicaを持っていたので、それをiPhone 7 Plusに取り込んでみました。

iPhone 7の「Wallet」アプリを立ち上げて「カードを追加」をタップ。追加するカードの種類から「Suica」を選んで、Suicaカードの裏面に記載されている17ケタのカード番号の下4ケタを入力します。さらに記名式カードの場合、購入時に生年月日を登録しているので、それも入力(無記名なら不要)。

すると利用規約ページが表示されたのち、「カードを転送」というページが出るので、Suicaカードの上にiPhoneを重ねます。しばらく待つとカードの情報がiPhone側に無事転送されました。

無事にデータを吸い出したSuicaはお役御免となります。Suicaカード購入時にデポジットとして預けた500円は、iPhone側にチャージされて戻ってくるのでご安心を。

なお、JR東日本のエリア外に在住の方や、Suicaカードを持っていない方でも、クレジットカードさえあれば「Suica」アプリで仮想Suicaカードを新規発行してiPhoneに登録することができるのでご安心ください。

利用可能な場所は、JR東日本管内やSuica対応の店舗以外にも、Suicaとの相互利用を行っている交通系ICカードの鉄道・地下鉄・バスエリアや店舗でもOK。ただし、JR東日本からJR西日本へといった異なる会社をまたいでの利用ではできないのでご注意を。

クレジットカードを登録すれば、オートチャージも可能に

改札を通ったり支払いを済ませたりすると、ロック画面にSuicaアプリの通知が表示されます。これはオートチャージが済んだ直後の画面

いったん登録すれば、あとはiPhone本体がSuicaに変身。電源オフ時でも利用することはできますが、iPhoneのバッテリーが完全に切れると利用できなくなるのでご注意を! また、1枚のSuicaを、同時に複数のiPhoneやApple Watchで利用することはできません。あくまでSuicaはオンリーワンなのです。

iPhoneに取り込めるSuicaは「無記名Suica」「記名式My Suica」「Suica定期券」の3種類のみ。Suica付クレジットカードの情報は読み込めません。オートチャージの設定も引き継がれないので、JR東日本が提供するアプリ「Suica」であらためて設定し直す必要がありました。ただ、この設定さえ済ませておけば、残高が5,000円を切った状態で改札を通ると自動的に1万円がチャージされます(残高とチャージ額は自由に設定可能)。このオートチャージ機能にひもづけるクレジットカードは、現在はJR東日本グループが発行するビューカードしか設定できないので、ここは注意が必要です(※2016年11月現在)。

財布の中でかさばるクレジットカードも、iPhoneに

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会