ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋愛上手なフランス人に学ぶ、相手をドキッとさせる方法〜そこで塩対応!?〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫


恋愛上手なイメージのあるフランス人男性。なかにはもちろんシャイな人もいますが、恋愛上手なフランス人男性は、会話の運び方やアプローチの仕方がスムーズです。そしてとにかくマメ! どこの国でも「マメ男くん(マメンズ)」はモテるんですね!

そんなマメンズかつ恋愛上手なフランス人男性の言動から、女性をドキッとさせるポイントを見ていくことにしましょう。

大勢の中でサラリとアプローチ


飲み会やパーティーなどで気になる女性にアプローチする場合は、彼女が席を立ったときを狙うのがベスト。「楽しんでる?」「今日はちょっと疲れているんじゃない?」「飲み物、オーダーしようか?」など、すかさずアプローチ! このような気遣いに、女性側は「私のこと気にかけてくれてるのかしら」と、ドキッとしてしまいます。

目指せ、ジェントルマン!


気になる女性とレストランでの食事中。彼女のグラスが空きそうになったらワインを注ぎ足す、盛り合わせのフードがサーブされたらフードを取り分ける・・・などの気遣いは大切です。「へぇ、◯◯くんって、意外とジェントルマンなんだ!」と思われるはず。特に彼女との距離が縮まるまでは、面倒でも頑張りましょう。

女性のさりげない発言を忘れずにキャッチ


気になる女性の発言は、手帳やスマホにメモる勢いで覚えておくようにしましょう。さりげなく話したことを覚えていてくれる男性に、女性はドキッとしてしまうもの。「そういえば、鳥肉が苦手だって言ってたよね」「日本酒よりも焼酎の方が好きなんだっけ?」など、会話のなかでサラリと小出しにしてみましょう。

ありえない!日本人がフランスで驚いたこと5選〜遅刻が礼儀?〜」を読むとフランス人は時間や片付けにルーズな印象を持ちますが、女性に対しては本当にマメなんですね。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!5選~フランス編~
外国人向けの日本ガイドブック、日本人論が面白い!~続フランス編~
ありえない!日本人がフランスで驚いたこと5選〜遅刻が礼儀?〜

彼氏持ちの彼女が気になるときは?


日本国内ではあまり良しとされていませんが、彼氏持ちの女性に対してアプローチをするのは、フランスでは珍しいことではありません。ふしだらで狡い? 筆者もそう思います。でも、女性の心理としては、ボーイフレンドがいたとしても、素敵な男性からアプローチされたらドキッとしてしまうものです。

ある程度親しくなったら・・・まさかの「塩対応」


好意を寄せている女性と親しくなるまでは、彼女に尽くす勢いでマメ男くんを目指しましょう。努力が実り、彼女が心を開き始めたら、ラインやメールの返信頻度を控えるなど、ちょっぴり塩対応を。彼女は「どうしたんだろう?」と、逆にドキッとしてしまうことでしょう。「嫌な奴だと思われるのでは?」なんて考えなくて大丈夫です。

外国人向けの日本ガイドブック、日本人論が面白い!~続フランス編~」では、フランスにない概念として日本の『義理』という価値観が挙げられていましたが、倫理観にも微妙な違いがあるのかもしれません。

人の道に反するものでない限り、恋愛は自由なもの。心の赴くままに楽しみましょう。

■あわせて読みたい
フランス人は日曜日、街に遊びに行かない〜フランスと日本の週末の違い〜
フランス人はミニスカートをはかない〜フランスと日本のおしゃれ5つの違い〜
フランス人はポテトにケチャップをつけない〜フランスと日本のマクドナルド5つの違い〜
フランス人は日本人の2.5倍映画を観る〜日本とフランス、映画鑑賞の違い〜

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP