ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイン以外の魅力もたっぷり!フランス・ボルドーでの過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit:Yuichi Kudo「フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅」

Photo Credit:Yuichi Kudo「フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
ワインラバーにとっての憧れの地、フランス・ボルドー。私はワインが好きすぎてメドック地区のワインマラソンに参加したこともありますが、ワインを飲まない方でも十分にボルドーは楽しめます。今回はおすすめのボルドーでの滞在の仕方について書こうと思います。

メドックマラソン参加

ワイン好きなら一度は出たいメドックマラソン。私は1年間のトレーニングを経てついに参加しました。42.195kmのフルマラソンを途中にある約20箇所のワインシャトーに立ち寄りながら完走するというもので、シャトーは給水所の役割をします。

しかし! シャトーではもちろん水もありますが、なんとワインまであるのです。私はワインを20杯飲みながら、6時間かけて完走しました。ゆっくり楽しめるマラソンなので制限時間はたしか6時間半だったと思います。ワインが好きな旅人であればチャレンジしてみる価値はありますよ!

Yuichi Kudo「フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅

珠玉の村サンテミリオンへ

Photo Credit:Asami Yamada「【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り」

Photo Credit:Asami Yamada「【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り」
ボルドー市内からバスで1時間弱。ワイナリーを車窓から楽しみながら走ると、世界遺産の町サンテミリオンに着きます。サンテミリオンはもちろんワインの有名シャトーも多くありますが、ワインが飲めなくても楽しめる町です。

スレート屋根に歴史を感じる優しい雰囲気の町は丘の斜面にあるのでとても立体的に見えます。町の中にはおしゃれなカフェ、アートを感じるギャラリー、レストランも多く、のんびりと散策するとあっという間に一日が過ぎてしまうことでしょう。写真映えも良し、料理も良し、ワインも良しと三拍子揃ったサンテミリオンは特におすすめです。

Asami Yamada「【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り

ボルドー市内じっくり散策

Photo Credit:Yuki Kosaka「Bordeaux」

Photo Credit:Yuki Kosaka「Bordeaux
ボルドー旧市街はヨーロッパで一番訪れたい場所とよく言われています。しかし残念ながら日本では「ボルドー=ワインの産地」というイメージしかないので、観光地としての知名度は低いかもしれません。

しかしボルドーは想像以上に面白い街なのです! 三日月形に湾曲しているガロンヌ川沿いに発達したことが由来で「月の港」とも呼ばれています。古代ローマの植民都市になる以前からの歴史を刻んできたボルドーには、歴史的建造物群が多くありますが、特に注目してほしいのはルイ=ユルバン=オーベール・ド・トゥルニーらによって形成された啓蒙時代の新古典主義建築の都市計画が良好に保存されていること。

上記の写真のブルス広場は右岸からやってくる人々を歓迎するような左岸のファサードを作りたいといった考えのもとで設計されました。この広場は、18世紀フランスの古典主義建築の最も代表的な作品の一つです。

その他にもボルドーは見どころが多くあり、おいしいレストランもたくさんあります! ぜひ皆さんもボルドーへ。

Yuki Kosaka「Bordeaux」

ボルドー」へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。