ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自治体への申請が煩わしい「墓じまい」「改葬」の手順を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 何らかの理由でお参りをする機会がなくなってしまったお墓をたたむ「墓じまい」。最近増えているという「墓じまい」、あるいは「改葬」をするにはどういう手順を踏めばいいのだろうか。手順を説明する。

【1】改葬の墓地、霊園と契約し、「受入証明書(墓地使用許可書)」を発行してもらう

【2】今の墓地がある市区町村役所から故人1人1枚ずつ「改葬許可申請書」を発行してもらう(自治体によってはホームページからダウンロードできる)

【3】「改葬許可申請書」に故人の生年、死亡年月日や本籍地など必要事項を記入し、寺院など今の墓地の管理者から「埋蔵証明書」を発行してもらう

【4】今の墓地がある市区町村役所へ「受入証明書」、「改葬許可申請書」、「埋蔵証明書」を提出(自治体によって提出書類が異なる場合がある)。受理されると、「改葬許可証」を発行してもらえる

【5】今の墓地管理者に、「改葬許可証」を提示し、遺骨を取り出す。管理者の指示により、更地に戻すなどの整備をする

【6】新規墓地に「改葬許可証」を提出、納骨する

 なお、「墓じまい」の施工を手がける法人などでは、委任状を出すことで全ての手続きを代行してくれる。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
終活コンサルタントが解説する「改葬」に必要な手続きの流れ
墓を移すには墓地経営者以外に市町村にも申請書類提出が必須
改葬トラブル 遺骨の行き先決まらず自宅に置くのは問題か?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP