ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デンマーク発イケメンフォークトリオの結成秘話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デンマーク発イケメンフォークトリオの結成秘話
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー、「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」。11月29日(火)のオンエアでは、北欧デンマークからアコースティックトリオ「ドリーマーズ・サーカス」がゲストに登場しました。

シターン奏者のアレ・カーさん、バイオリン奏者のルネ・トンスゴー・ソレンセンさん、そしてアコーディオン奏者のニコライ・バスクさんの3人から成るドリーマーズ・サーカスは、2009年にバンドを結成。デンマークの伝統音楽にクラシック音楽の要素を取り入れたサウンドが人気を集め、2013年にリリースしたデビューアルバムはヨーロッパを中心に反響を呼び、地元デンマークのフォークアワードで3冠を達成しています。

3人のそもそもの出会いを聞いてみると、デンマークのフォークフェスティバルで出会い、そこでジャムセッションして一晩中演奏し、その時にすっかり意気投合、ケミストリーを感じたんだそうです。「僕たちはあの時、絶対に一緒に音楽を演奏するべきだと感じたんだよ」(アレさん)

バンド名の由来について、坂倉が尋ねると…

ニコライ:僕とアレで決めたんだ。僕たちは皆、演奏するのも遊ぶのも大好き、それがサーカスっぽいかなと思ってサーカスにしたのと、あとは同時に大きな夢を追いかけ信じることが好きだから、そこからドリーマーズがきて、2つをくっつけたんだ。

この日はクリスマスソングと、二コライさんがパリにいたときに作った曲の2曲を生演奏してくれたドリーマーズ・サーカス。今年のクリスマスはライブもないので、家族と一緒に過ごすそうです。

ドリーマーズ・サーカスは、12月2日(金)に所沢市民文化センターミューズキューブホールで単独公演がある他、12月3日(土)にすみだトリフォニーホールで行われる「ケルティック・クリスマス2016」にも出演するそうです。3人とも、複数の楽器を操るマルチプレイヤーだという彼ら。気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。