ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わたしはセレブ?初めて知る超豪華な産院サービス合戦と現実に衝撃が走った日 by ユーラシア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ユーラシアです。

妊娠が分かってから半月が経つ頃、ぼちぼち産院について調べようかなと、自宅・実家の近辺にある病院をリサーチし始めました。

(当初健診に通っていた病院は自宅の最寄りの総合病院だったのですが、里帰りや無痛分娩などを検討していたため、転院するかもしれないとあらかじめ伝えてあったのです) 前回エピソード:「花ちゃん…あなた、男の子だったの?」夫の言うことは真に受けるまい、と固く誓った日 by ユーラシア

初めて知ったのですが、病院によって様々なサービスがあるんですね。

内科や皮膚科に行くときのように、自宅からの距離、病院の雰囲気、先生の評判などでなんとなく決めるものかと思っていたのでビックリでした。

近隣の病院をいくつかピックアップしましたが、その中でもそれぞれ以下のようなセールスポイントがあり、かなり悩みました。

各病院のセースルポイント①食事

シェフが作る豪華なイタリアンやフレンチ!

食事ごとに華やかなスイーツ! フルーツ食べ放題!

各病院のセールスポイント②オプションのサービス

無料でマッサージ! 写真撮影してミニアルバム作成!

退院時にベビーリングや赤ちゃんの名前入りテディベアをプレゼント!

……など、私はセレブなのかな?と勘違いしたくなるくらい豪華なサービスを売りにしている病院がいくつかありました。

今まで病院で貰ったものなんて、請求書と処方箋くらいなので衝撃です。

しばらく情報を集めて悩み、とりあえず各病院に話を聞いてみるか~と連絡をしてみました。

すると「正式な予約は心拍確認後になりますが、早くして頂かないと予約がいっぱいなので……来週以降だとキャンセル待ちになる可能性が高いです」と言われ……

ま、まだ妊娠7週、妊娠が分かってから半月も経ってないんですが……!?!?

実はこれらの豪華な病院は妊娠が分かってすぐに仮予約しないといけないくらい人気の病院だったようです。

妊娠する前から病院を決めていたとか、分かってすぐに調べたという方が多いんでしょうか……。

出産なんて近所のテキトーな病院でするんじゃないの?程度にしか思っていなかった自分の意識の低さにショックを受けました……。

もう呑気にオプションなんか調べてる場合じゃない、と慌てて具体的な出産計画を練り始め、各病院の料金を調べてさらに衝撃。

た、高い……。

出産の際は42万円の手当金が健康保険から貰えますが、

都内ということもあり、ほとんどの病院がそれを軽々超えた値段でした。

中には100万とか、130万とか……子供を産みに行って100万円も払うのか……と驚きました。

一生にそう何度もないことなので奮発して思いっきり贅沢に、という考えの方もいるのでしょうが、私はケチな庶民なのであまり高い病院は除外することに。

結局

・通える

・まだ予約が取れる

・あまり高くない

という条件で、消去法で決めることになったのでした。

幸い全ての条件を満たす病院を見つけ、しかもそれが実家の近くで私自身が産まれたところ。

派手なサービスはなさそうな古い病院でしたが、もうこれは運命だということでそこを予約。

その病院もすぐに予約しなければ埋まってしまうと案内されたため、心拍確認できた日にその足で予約をしに行きました

その後、急遽里帰りが中止になり結局その病院はキャンセルし、二転三転した結果当初健診を受けていた総合病院で出産したのですが、ニュースなどでたまに見る「出産難民」になってしまうのではないかとヒヤヒヤしました。

まさか産院がこんなに多種多様で、しかも人気病院は予約が殺到しているとは、今まで知らない世界でした。

そのうち温泉ソムリエならぬ産院ソムリエなんて人が出てくるのでは?

しかも産婦へのサービスはどんどん充実していっているようなので、

将来的には「当院で出産したらハワイ旅行プレゼント」とか「ダイヤの指輪贈呈」なんてことも……? 期待が膨らみますね!

(そんなのいいから、もう少し安くなればいいな……というのが庶民の本音です……) ユーラシアさんの人気記事:「どうか妊娠していませんように…」待ち望んだ赤ちゃんを拒絶してしまった日 byユーラシア

著者:ユーラシア

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳5ヶ月

2015年4月に男児を出産。割とテキトーに育児しているオタクでナマケモノな専業主婦です。思いもよらなかった子供の可愛さ奥深さに驚く毎日の中、老後の楽しみにと育児に関する絵や文章をちまちま描いています。息子はいつも親指を吸っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

病院を自分で選びたかった
産院が国立病院に変わり健診費の自己負担がゼロ円に!
後悔先に立たず!出産だけじゃない、めちゃくちゃ重要な産院選び!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP