ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外付けHDDの売却・廃棄は慎重に。方法選択と処分前の準備

  • ガジェット通信を≫

データ容量が大きい高画質画像や動画のパソコンデータや、お気に入りのTV番組の録画データなど、大容量データを保存するのに欠かせない外付けHDD(ハードディスク)。長く使っていれば、動かなくなったり故障したりして、買い換えが必要になることもあります。たくさんのデータが記録されている外付けHDDの処分方法に困っている方のために、初期化の方法や廃棄処分について解説します。

外付けHDDを処分するには

外付けHDD(ハードディスク)は、パソコン周辺機器やPC関連パーツの中でも、壊れやすく頻繁に買い換えが必要な機器の一つです。製品寿命は5~10年程度と言われていますが、設置する場所は、ホコリをかぶりやすい環境ということもあり、寿命よりも早く壊れてしまうことも多く、買い換え頻度が高い商品です。

買い換えなどで不要になった外付けHDDは、色々な処分方法があります。壊れてしまって新しいものと取り替える場合や、更に容量の大きなものに買い換える場合など、外付けHDDの状態によって、適切な処分方法を検討してみましょう。

外付けHDDの処分方法

中古販売店で売る

比較的新しい製品で、故障がなくまだ使用できる状態だったら、中古パソコンやPCパーツの販売・買取しているお店に査定を依頼してみましょう。もしも買取できるようなら、処分費用もかからずお得です。

査定に持ち込む前には、自分でデータ消去をしてから持参してください。データが残っていると悪用される可能性もあります。
デジタル機器の専門店だったら、再販する前にお店側でもデータの完全消去処理をしますが、万が一のことを考えて、自分でも確実に初期化しておくことが大切です。

PCショップ・家電量販店に依頼する

ジョーシンやミドリ電化など、街中には多くの家電量販店があります。パソコンを取り扱っているほとんどの量販店で、PC関連に詳しい店員さんに対応してもらえるので、相談のしやすさという点で初心者の方にもオススメです。

データ消去処分には多少の費用がかかってしまいますが、流出させたくないデータがたくさん入っているHDDの処分は、信頼できるお店に依頼する方が安心です。

不要品回収業者に依頼する

不要品回収業者は、家電やパソコンなどの不要になった物を回収して、リサイクル資源や廃棄処分を代行してくれる業者です。廃棄処分には費用はかかってしまいますが、壊れて使い物にならないものも回収してもらえるというメリットがあります。

ただし、デジタル機器専門の業者でなければ、PCショップや量販店のようなデータ消去処理まではしてもらえないので、自分でしっかり初期化しておく必要があります。最近では、パソコン関連機器専門の回収業者も増えているので、データ処理が不安であれば、そういった業者に依頼するようにしましょう。

処分費用について


PCショップ・量販店の場合

大切なデータを記録するために使用する外付けHDDは、気軽に捨てることができない重要なパーツです。確実にデータ消去がされていなければ特殊の方法を使ってデータを復元することもできてしまうため、多少の費用をかけてでも、信頼できる業者に依頼したいものです。

外付けHDDの処分費用については、各店によって価格に違いがありますが、取り外しに500円程度、データ消去破壊処理で1000円前後。目安としては、1,500~2,000円前後というのが一般的な相場のようです。

不要品回収業者の場合

不要品回収業者の場合、業者ごとに様々な価格設定があり、相場というのが存在しません。広告などでは「無料」と大々的に宣伝している所もありますし、リサイクル費用+出張費などを請求されることもあります。

誰もが“処分にムダなお金をかけたくない”というのが本心ですが、悪徳業者も多く、他の名目で多額の請求をされたという被害も多く報告されています。安さだけで選ばず、信頼できる業者であることをしっかり確認するようにしましょう。

処分する前にしておくこと


初期化

使用済みの外付けHDDには、今まで使用した履歴やデータが記録されています。そのまま捨ててしまえば、誰かの手に渡ってデータを悪用される危険性があります。実際に、捨ててあったHDDから個人データを抜き出されて悪用されたという被害もたくさんありますから、処分する前には、入っているデータを全て消去しておくことが大切です。

データ消去には、理論的破壊と物理的破壊の2つの方法があります。

専用ソフトを利用する

理論的破壊とは、専用のソフトを使用してフォーマット化(初期化)する方法です。しかし、これだけでは十分なデータ消去はできません。近年、悪徳業者が使用するのが「データを復元するソフト」で、これを使用すれば、消したはずのデータや履歴、個人情報を見たり再生させることも可能だといわれています。

売却したり廃棄する前に自分で初期化しておくのは常識ですが、データの悪用や流出を防ぐためには、確実なデータ消去が肝心です。完全な処理を行うには、専門ショップに依頼する方が安心です。

物理的に破壊する

PC買取店などでは、データ完全消去用の専用ソフトを使った後、確実にデータ消去を行うために、ディスクに穴を開けたり、本体をプレスするなど、物理的にHDDを壊すという処置を行います。これが「物理的破壊」です。この方法を用いれば、100%データ復元させることは不可能です。

物理的破壊の方法は、取り外したHDDの外側のフタをドライバーで外し、中身を破壊します。自分でもできますが、ガラスが飛び散るなど作業に慣れていないとケガに繋がることもあるので、注意して行いましょう。

まとめ

最近では、処分費用が安いということで、不要品回収業者にに処分を依頼する人が増えてきました。パソコン専門の回収業者だったら、データ消去から物理的破壊まで確実に行ってくれるので、安心して依頼できます。

しかし、悪徳業者の存在も後を絶ちません。「無料」と書かれていたのに別項目で高額費用を請求された、データが流出していたなどのトラブルも増えていますので、口コミ情報などもチェックして、悪徳業者に引っかからないよう慎重に選びましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP