体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サプリメントの代表格「プロテイン」 ダイエットにも使える有効活用のコツ

サプリメントの代表格「プロテイン」 ダイエットにも使える有効活用のコツ
サプリメントと聞いて、一番にプロテインをイメージする人は多いのではないでしょうか?

筋肉増強のサプリメントとして以前から知られ、既に一門の地位を築いているプロテイン。

今回はそんなプロテインの意外と知らない服用のコツや気を付けるべきポイントをチェックしていきましょう。

要チェック項目

□プロテインは筋肉増強効果と脂肪燃焼効果が期待できる

□服用の方法やタイミングなどで効果が大きく増減する

□達成したい目的に合わせた種類を選ぶことが大切

プロテインに期待される効果1:筋肉増強

プロテインを手に取る人の多くは筋肉を大きく、強くしたいと考えているはずです。

その認識に間違いは無く、プロテインは確かに筋肉に効くサプリメントなのですが、そもそもなぜ筋肉増強を促進できるのか皆さんはご存知でしょうか?

筋肉が増大し、強くなるメカニズムに確かな言説はまだ無いとされていますが、有力なものに「超回復」という理論があります。

これは筋肉が負荷によって傷付き、断裂した筋繊維が再生する際に、元の筋肉より多くの筋肉が形成されることで結果として筋肉が増強するという理論です。

この超回復理論に則って考えると、筋肉を増強させるにはその再生こそが大切ということになります。そして、タンパク質の固まりである筋肉を再生させるためには、当然多くのタンパク質が必要不可欠です。

そんなタンパク質を効率的に摂取する役に立つのがプロテインなのです。プロテインはその70%から90%をタンパク質で構成されています。

普通の食品はもちろん他のサプリメントでも、これ程に高濃度でタンパク質を含有するものはほとんどありません。

プロテインが筋肉増強に適したサプリメントである、という論理はこのような図式で成り立っている訳です。

プロテインに期待される効果2:脂肪燃焼

プロテインには脂肪燃焼を促進する効果も期待されています。これは筋肉増強効果に伴って、補助的に発生する効果なのですが、最近では女性を中心にこちらの効果を狙ってプロテインを服用する人が増えていると言われています。

筋肉が増強する際、体はタンパク質などの栄養素の他にエネルギーを消費します。

体内におけるエネルギーの産生は代謝によって行われているため、プロテインによって筋肉増強を促進することは代謝、つまり脂肪の燃焼をも促進することに繋がるというメカニズムです。

こうして、プロテインは副次的に脂肪燃焼効果を生み出します。

また、筋肉が大きくなると生命維持のため誰もが行っている代謝である基礎代謝の量が増えるので、この点でもプロテインは脂肪燃焼の促進に寄与するということになります。

プロテインを効果的に利用するコツとは?

プロテインが持つ効果をより高めるためにはいくつかのポイントがあることが分かっています。項目別にご紹介していきますので、覚えておいて服用の際には参考にしてみてください。

服用のタイミング

筋トレや有酸素運動の後、30分以内にプロテインを服用するのが最適とされています。これはトレーニング終了から30分間は成長ホルモンが多く分泌され、筋肉が形成されやすい状態になっているためです。

また、一日の服用量をより多くしたい場合には、就寝の1時間から2時間前に飲むことも推奨されています。人体は就眠から30分後に成長ホルモンの分泌し始め、1時間が経過するまでにピークを迎えます。

この成長ホルモン分泌のタイミングに合わせてプロテインが体内に行き届くので、就寝前の服用も効果的とされています。

プロテインの飲み方

粉タイプはもちろん、錠剤タイプのプロテインであっても何か飲料を共に摂取するという人が大多数かと思います。その飲料について、牛乳が最適であるという意見があります。

牛乳はタンパク質を豊富に含むためプロテインとの相乗効果が望める上、カルシウムなど筋肉が正常に機能するために必要な栄養素を同時に摂取できるからです。

また、プロテインの風味や飲みにくさを軽減するために、乳製品であるヨーグルトと混ぜるのも効果的とされています。

カロリー管理

当然ながらプロテインにもカロリーがあり、また栄養素の面でもタンパク質をはじめ豊富に含んでいます。そのため、従来の食生活にプラスしてプロテインを始めると、栄養過多になって太ってしまう可能性があります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会