体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

郷土料理から話題のスイーツまで!島根の名物グルメとおすすめのお店6選

郷土料理から話題のスイーツまで!島根の名物グルメとおすすめのお店6選
Photo credit:Natsumi Imai「島根県西から東を横断!」

Photo credit:Natsumi Imai「島根県西から東を横断!」

こんにちは。Compathy Magazineのfuku-chanです。
島根県は、神話が語り継がれ、パワースポットや歴史的遺産が有名な人気観光地。今回は、島根県の郷土料理から地元で話題のスイーツまで、地元のグルメ情報やおすすめ店についてたっぷりとご紹介します。

島根のおすすめ名物グルメとお店5選+おまけ

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

1.出雲そば:島根の代表的な郷土料理

Photo credit:Natsumi Imai「島根県西から東を横断!」

Photo credit:Natsumi Imai「島根県西から東を横断!」

島根を代表する郷土料理出雲そばは、わんこそば(岩手)、戸隠そば(長野)と並ぶ日本三大そばの1つ。出雲そばは、玄そば(殻のついたそばの実)を使用するため通常のそばよりも黒っぽく、風味が高く独特の食感が特徴です。

冷たい”割子そば”と温かい”釜揚げそば”の2種類があり、それぞれ違った味わい方を楽しむことができます。
割子そばは江戸時代・出雲地方の松江が起源で、丸い重箱にお好みでつゆと薬味を入れて味を調節して食べます。一方釜揚げそばは、出雲大社で行われた「神在祭」で振舞われたのが起源で、そばを水洗いせずに蕎麦湯とつゆでいただくのが特徴です。島根県を訪れる際は、ぜひお好みの出雲そばに挑戦してみてください。

羽根屋
Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

羽根屋」は、江戸時代末期創業の老舗蕎麦屋です。地元の人にも長く愛されているこちらのお店では、大正天皇に献上した歴史を持つ伝統的な出雲そばを頂くことができます。
割子そば3段は750円、釜揚げそばは700円と手頃な価格の単品メニューに加え、出雲の季節の食材を使用したお料理と出雲そばが味わえる”蕎麦コース”も人気を集めています。出雲市駅から徒歩5分でアクセスできるので、観光スポットを巡る合間に気軽に立ち寄ることができるお店と言えますね。

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。