ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 7.0で「WebView」が無効のまま有効にすることさえできない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 7.0 以上の端末をお持ちの方の中で「Android システムの WebView」アプリが何故か無効になっていて、しかも有効にできないと疑問に思った方はいらっしゃいませんか?Android アプリ上で WEB ページを表示するのに用いられる「Android システムの WebView」は、こちらの記事でも説明しましたが、Android 7.0 以上の場合には機能を Chrome アプリが提供することになっているので不要になりました。そのため、Google Play ストアのボタンは「無効」と表示されます。しかし、大抵のアプリだと「無効」ボタンをタップすると有効になります。一方、WebView は有効になりません。これはおそらく、Chrome と機能が競合するからで、Chrome アプリを(アプリ詳細ページなどで)無効にすると WebView のアプリが自動で有効になり、最新版にアップデートすることができます。

■関連記事
東京メトロ、12月1日より地下鉄電車内で無料のWi-Fiサービスを提供
Y!mobile、Android One 507SHのソフトウェアアップデートを開始、11月分のセキュリティパッチを適用
「dTV」のPCブラウザ版がリニューアル、Microsoft EdgeとGoogle Chromeに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP