ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ubisoft、全VRゲームをクロスプラットフォームに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Ubisoftは、未来のパリの空を鷲になって飛び回るVRフライトゲーム『Eagle Flight』に関して、Oculus RiftとHTC Vive、PlayStation VR(PSVR)の各VRヘッドセット間でのクロスプラットフォーム対応を行うことを同社ブログにて明らかにしました。

また、同社は 『Star Trek: Bridge Crew』と『Werewolves Within』など今後リリースする他のVRコンテンツについてもクロスプラットフォームのゲームプレイに対応するとしています。

『Star Trek: Bridge Crew』の開発元であるRed Storm EntertainmentのシニアクリエイティブディレクターであるDavid Votypka氏は、Ubisoftのブログにて下記のように説明をしました。

「私たちのVRタイトルをクロスプラットフォーム対応することは、当初から私たちの目標でした。自分の所有するVRヘッドセットに関係なく、友人同士が一緒に遊ぶことができれば、私たちが想像した通りのゲームプレイを提供できます」

現在、ユーザーが少なくプラットフォームが分散するVR市場では、各プラットフォームにソフトをリリースし、さらにクロスプラットフォームでのマルチプレイに対応する流れが出てきています。これまでにもVRシューティングゲーム『EVE:Valkyrie』が同様にクロスプラットフォーム対応を行っています。

(参考)

VR Together: Ubisoft Bringing Cross-Platform Play Across VR Titles

http://www.vrfocus.com/2016/11/vr-together-ubisoft-bringing-cross-platform-play-across-vr-titles/

※Mogura VRはVR Focusとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP