ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

卵を食べてもOK!コレステロールの摂取上限がなくなった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

卵を食べてもOK!コレステロールの摂取上限がなくなった

長い間悪者扱いされてきたコレステロール。卵はあまり食べない方が良いと言われてきたのは、卵にコレステロールが多く含まれているからです。
しかしコレステロールに関する研究が進み、最近の発表でコレステロールは摂取しても問題がないということになりました。ずっと悪者にされてきた卵、本当に食べても大丈夫なのでしょうか。

コレステロールは必要不可欠

コレステロールとは体内で作られる脂質の一種で、生きていく上で欠かせない物質です。体の細胞膜やホルモンなどがコレステロールを材料として作られ、紫外線にコレステロールが反応してビタミンDの生成がされたりと、体の中でコレステロールは大きな役割を担っています。
そしてコレステロールの多くが、実は体内で作られていることをご存知でしょうか。一般的にコレステロールの約80%は肝臓で合成され、食品から摂取するコレステロールは残りの約20%を占めます。とはいっても、体内のコレステロール量は肝臓によってうまく調節されているんです。
食品から多くコレステロールを摂った時は、肝臓で作られるコレステロールの量が減り、逆にコレステロールが足りなくなると肝臓で作られる量が増える。このようにコレステロールが不足しないような仕組みになっています。

コレステロール摂取の制限がなくなった

長年コレステロールは体に良くないとされ、コレステロール摂取量に上限が定められていました。しかし厚生労働省が上限値を設けないことにしたのはつい最近、2015年のことです。
大部分のコレステロールは体内で作られており、食品からの摂取量を減らしても実際にはコレステロール値が変わりにくく、上限値を定めることに疑問があったからです。この時以来、今まで控えめにするようにと言われていた卵も、一応制限なし?ということになったのです。

卵はどのくらい食べてもいいの?

コレステロール摂取に上限がなくなったら、コレステロールをどれだけ摂ってもよいのでしょうか。コレステロールは体に必要ですが、増えすぎでも問題となります。コレステロールの中でも、悪玉であるLDLコレステロール値が高くなると血管が脂質で詰まり始め、動脈硬化や心疾患などを引き起こす原因となります。しかし悪玉コレステロールを増やすのは、卵よりも飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を摂ることの方が原因となりやすく、これらの摂取を控えたほうが良いそうです。

結論として、卵は食べても大丈夫です。だからといってコレステロールを多く含む卵を異常に食べすぎるのは良くありませんが、健康な人であれば毎日1〜2個食べても問題ないそうです。しかしコレステロール値が高い人は注意して、卵は控えめにしましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。